2015年10月03日

沖縄戦後70年(262)

沖縄戦後70年(262)
■渡航の自由を制限する布令第147号の廃止と渡航手続きの民移管に関する要請決議
(1960年7月12日 琉球政府立法院決議)

沖縄県民の祖国への旅行は、布令第147号により制限を受けている。如何なる目的にせよ世界人民が享受している移動の自由に対し、制限を加えることは絶対に許されるべきでない。同布令は国連憲章にもとるだけでなく大統領行政命令にも違反する。

本土において沖縄県民は日本国憲法のもとに日本国民としての取り扱いを受けている。

従って祖国への渡航は沖縄県民たる証明で十分足りる。特定の人に対する補助申請の要求は基本的人権を侵害するものである。

よって琉球政府立法院は、アメリカ民政府が同布令を速やかに廃止し、県民の要求に応える渡航手続きを民に移管するよう強く要請する。

右決議する。
 1960年7月12日
  琉球政府立法院

*****
■沖縄から本土への渡航
1955・8:布令147号「琉球住民の日本旅行管理」
1960・3・7:布令改正「琉球住民の渡航管理」
1967・7・6:布令改正7号によって9月15日以降は、日本政府南方連絡事務所を経由して日本政府へ身分証明書を申請

●米軍発効のパスポート
琉球住民○○○は日本へ渡航するものであることを証明する。
琉球列島高等弁務官

●日本政府発行のパスポート(布令7号改正後)
日本人○○○は日本へ渡航することを証明する。
内閣総理大臣

posted by ゆがふ沖縄 at 00:04| 歴史の証言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする