2015年10月14日

沖縄戦後70年(270)

沖縄戦後70年(270)
■佐藤首相の沖縄百万同胞に贈る言葉(1)
 昭和44年11月21日
  内閣総理大臣 佐藤栄作

沖縄百万同胞の皆様
私とニクソン大統領との会談の結果、沖縄県民の皆様をはじめとするわが国全国民の年来の念願でありました沖縄の祖国復帰が、1972年中に「核抜き本土並み」という国民の総意にそった形で実現することになりました。復帰のための努力を続けてこられた沖縄県民各位の強い支援のたまものであります。

沖縄の祖国復帰は申すまでもなく第二次大戦後四半期にわたって、本土・沖縄の1億国民がいだき続けてきた民族的悲願でありました。

かつて私が沖縄を訪問した際「沖縄の祖国復帰が実現しない限り、わが国にとって戦後は終わらない」と申しましたように、沖縄の施政権返還問題は、政治の最高責任者としての私にとっても最大の課題であったのであります。私は日米首脳会談を終わった今、ただ感慨無量であります。

今回の沖縄返還についての日米両国の合意は、過去四半期にわたる日米両国の友好と信頼、理解と協力があってはじめて達成された結果であり、同時に、これは将来にわたって日米両国の協力関係が不動のものであることを実証してあますところないと思うのであります。

さて、1972年に沖縄を日本に返還するという合意ができた以上、今後は本土・沖縄双方が協力し、全力をあげて復帰準備に万全を期することが大切であります。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:04| 歴史の証言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする