2015年10月21日

■『良い戦略と悪い戦略』

■『良い戦略と悪い戦略』
〜世にはびこる「悪い戦略」を喝破〜

久しぶりに本屋をはしごした。リチャード・P・ルメルト『良い戦略と悪い戦略』に出会った。この本は戦略思考を伝授する書籍だ。最近は政治、経済、詩などの本を読んでいるが、久しぶりに戦略論の本に出合った。

翻訳は村井章子さん。村井さんが翻訳した書籍は買うことにしている。ジェフリー・フェファ『権力を握る人の法則』も村井さんが翻訳した。権力論の研究はスタンフォード大学著名教授が明らかにしたビジネスマンの必読書だ。企業における「権力への道」について論じているが、目から鱗だ。

良い戦略と悪い戦略─良い戦略は驚きである。強みを発見する。悪い戦略の四つの特徴を説く。良い戦略には、しっかりした論理構造がある。著者はこれをカーネル(核)と呼ぶ。戦略のカーネルは、診断、基本方針、行動の三つの要素で構成される。リーダーが目標を立て、それをどう実現するかは部下に任せるという方法は戦略ではない。単に目標設定で設定だと述べる。

良い戦略に生かされる強みの源泉として、テコ入れ効果、成長路線の罠と健全な成長、ダイナミズム、ストラテジストの思考法も教える。

目標設定とビジョンと混同していないか? あいまいな言葉や響きの良い言葉だらけで、何を言いたいのか不明瞭になっていないか? 本当に目を向けるべき「重大な問題」を無視していないか? 間違った「戦略目標」を掲げていないか? その戦略は実行可能か?

リチャード・P・ルメルト『良い戦略と悪い戦略』について『コア・コンピタンス経営』の著者ゲイリー・ハメルは帯書で「刺激的な新著で、不都合な真実を暴き出す」と絶賛する。ゲイリー・ハメルの著書はMBAを学ぶ人の必読書である。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする