2015年10月28日

■権力の代償『沖縄辺野古で思う』

■権力の代償『沖縄辺野古で思う』

権力によって社会は大きな混乱に陥る。世の中が深い幻滅の危機にさらされるとき、民意が立ち上がる。沖縄辺野古、権力の風が吹いている。民意が押しつぶされている。

辺野古で沖縄の民意は、新しい基地建設を阻み、内と外を結ぶ。全国の目が注がれている。魂は一つに結ばれている。

権力は時を滅ぼす。新基地ができるとこれから100年、200年の忍従が沖縄を襲うことになる。

ジュフリー・フェファー『権力を握る人の法則』を久しぶりに読む。権力の代償を指摘する。権力を国家に置き換えて沖縄の現実に結び付けたい。

●代償その1 一挙手一投足を監視される。辺野古の現実である。
●代償その2 時間の自由を奪う。これも辺野古の現実である。
●代償その3 多大な時間とエネルギーをとられる。不条理と闘う辺野古の現実である。
●代償その4 国家を信じられなくなる。沖縄県民の意見である。
●代償その5 権力は中毒になる。仲井真弘多前知事をみれば分かる。
●代償その6 権力は、力を印象付ける振る舞いをする。島尻安伊子沖縄担当相をみれば分かる。

辺野古で歴史の叫び声を聴く。時の支配に呑み込まれるな。故郷を守るために苦しむ人がいる。なお、生きようとするその姿に人と人がつながっている。

人間とは何か。沖縄とは何か。全国民が考えてほしい。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:02| ◆「時の動き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする