2015年10月31日

■日本人として沖縄を寄せ付けない

■日本人として沖縄を寄せ付けない。
〜翁長雄志知事の言葉〜

日本人になろうとしてもなれない気持ち─西銘順治先生の言葉だ。10月30日、沖縄タイムス、琉球新報に翁長雄志知事の記者会見の詳細が掲載されている。翁長知事の発言は沖縄の歴史認識に基づいており、県民に感動を与える。沖縄の未来にとって基地は認められない─その政治姿勢は感動的だ。

県内2紙「辺野古工事着手・知事会見」を注意深く読んだ。これを読めば、知事の気持ちの全貌が分かる。日本国民は深い沖縄の声を聞いてほしい。現代政治が置き忘れてきた「沖縄の現実」が集約されているからだ。

一問一答で翁長知事は答える。
●他府県では反対した場合には、撤回されるのに、沖縄ではこれだけ強権をふるうと(知事)が話しても、なぜ沖縄の声は聞かれないのか。

●翁長知事
・私は沖縄県民の気持ちを「飢餓感」という話をした。これらの言葉に含まれるのは、やはり長い歴史の中で、47都道府県の中で沖縄はある意味で独自の歴史を築いてきた。
・東大を出て4代前の知事で外務省官僚になって、沖縄に戻り那覇市長をやり、県知事をやり、衆議院議員をやった西銘順治先生が「ヤマトンチュ」になろうとしてもなりきれない気持ちを「沖縄の心」だといったことがある。あれから何も変わっていない。

・日本人になりたいというよりも(日本人として)寄せ付けない。東京要請のときに感じた。

・わたしどもは、日本から切り離され、20数年間、日本国民でもなく、アメリカ国民でもない状況に置かれた。そして日本に復帰しても0.6%の面積に73.8%の基地は変わらない。

* * *
知事の言葉を聞いて思った。翁長知事は「わったーウチナー」の未来を決める判断をする。リベラル民主主義を標榜する。政府の権力の重圧に負けない。言葉の節々に魂の力が湧き出る。歴史の試練に挑む政治家として県民は支えている。

新基地─こんな未来は受け入れられない。分断と対立。政府は「権力の殻」に沖縄を閉じ込める。辺野古の状況をみれば分かる。県民は不安を噛みしめる。日本政府に欠落しているのは「沖縄の人間性理解の欠如」だと思う。

沖縄の未来を決めるのは、沖縄である。沖縄の尊厳は踏みにじられている。沖縄は人間としての喜びを感じる場所でなければならない。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:03| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする