2015年11月20日

■普天間移設問題の増悪(1)

■普天間移設問題の増悪(1)

11月18日付のブログで「辺野古・風と土と心『沖縄を返せ』」を取り上げたら、旧沖縄開発庁OB、内閣府OB等数名からメールが届いた。当時、私は沖縄現地で沖縄振興、基地問題を担当していた。

辺野古で住民が国家権力によって抑圧されている不条理は看過できない。米軍は絶対的な権力を握って生殺与奪(せいさつよだつ)で沖縄を支配したことを書いたら、普天間の問題について経緯を知らせるべきだという助言があった。

普天間移設問題の増悪についてブログで掲載する。

普天間移設問題の起点は1995年9月4日だ。復帰後悲しい事件が起こった。沖縄北部において、米兵による少女暴行事件が発生。沖縄で反米感情が高まる。

米国の海兵隊員2名と海軍軍人1名の計3名が、12歳の女子小学生を拉致し、集団強姦したのだ。米兵の身柄は日米地位協定の取り決めによって、沖縄県警に引き渡されなかった。米軍政下の植民地同然だ。「法治国家」として人種差別問題に発展。沖縄で反基地感情、反米感情が一挙に爆発する。

普天間問題を引きづっている原点だが、菅 義偉官房長官は辺野古移設を語るとき、日本は「法治国家」という言葉を平然と使う。本土と沖縄のマスコミで取り上げられる基地問題の微妙な温度差もある。

1995年9月28日、大田昌秀・沖縄県知事は米軍用地の強制使用手続きに伴う、「代理署名拒否」を表明した。沖縄県民の怒りは頂点に達した。10月21日、米軍人による少女暴行事件を糾弾、日米地位協定見直し要求県民大会開催、8万5千人が結集。日米両政府の反応は早かった。沖縄県民の反米感情を恐れたのだ。

11月17日、政府は「沖縄基地問題協議会」の設置を閣議決定。翌96年4月12日、橋本総理・モンデール駐日大使共同記者会見で「普天間飛行場の全面返還」を発表する。4月15日、日米安全保障委員会において「SACO」中間報告が了承された。

「SACO」とは、The Special Action Committee on Okinawaのことだ。「沖縄における特別行動委員会」で頭文字をとって「SACO」と呼ぶ。
「SACO」が設置されたのは、1995年11月、沖縄の米軍基地負担のため日米両国による協議の場として発足した。

1996年4月16日、SACO中間報告を受けて「沖縄県における米軍施設・区域に関連する問題の解決促進について」閣議決定する。5月1日、防衛施設庁(当時)に「普天間飛行場全面返還等問題対策本部」設置。5月8日、「普天間飛行場返還に係る諸問題解決の作業委員会(タクスフォース)を設置し普天間返還が動き出す。
(次回は11月23日掲載)
posted by ゆがふ沖縄 at 00:02| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

■成功する人の直観力

■成功する人の直観力

一流の人は、行動的で果敢な動きをする。行動は力があってこそ、状況を切り開いて次の段階へ推し進めることができる(渡部昇一『自分の壁を破る人 破れない人』)。

著者の渡部さんは明治維新の頃の志士たちの事例を掲げる。歴史から学ぶヒントがある。生きるにはちょっとした技術が必要だという。引用して紹介する。

「幕末に長州藩はイギリスのロンドンに4人の留学生を送った。その中に伊藤博文と井上聞多(馨)がいた。ところが彼らがロンドンにつくや否や、馬関戦争が起こった。1863年外国船に対して砲撃した長州藩への報復措置として、翌年外国船が下関を攻撃した」

「この知らせをロンドンで聞いた留学生たちは、どのように行動したか。伊藤と井上は、外国の力を知らずにこんなことをやっていたのでは、今に日本は大変なことになってしまう、という危機感をつのらせ、すぐさま帰国する」

「帰国後伊藤博文と井上聞多(馨)は、明治維新の激動の中に身を置く。
残りの2人は、ロンドンに居残った。帰国した後は珍重がられたが、明治の元勲にはならなかった。井上は長州藩の意見を変えた。その後、山内容堂が徳川家との連合政権によって京都の御所会議(1867年)においても容堂と刺し違える気迫を見せて公式合体派の狙いをつぶし、明治維新の起爆剤の役割を果たす」

「井上は維新後、新政府の大蔵大輔となって財政に関与し、その後第1次伊藤内閣において外務大臣を務める。

渡部さんは「ボルテージの高低によって、人生の成功、不成功が決まる」という。「これは放っておけない」「これは大変なことだ」という直感力が必要だという。

直感力が行動につながるものは、「何を見、何を感じるのか」にかかっていると説く。同じ直感力でも「ボルテージが高い人間と低い人間とでは、見えるものが全く違う」・・・なるほど。秋の夜長に時間が過ぎ去るのを忘れてしまった。興味を引き付ける文章もいい。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:03| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

■辺野古・風と土と心『沖縄を返せ』

■辺野古・風と土と心『沖縄を返せ』
〜いつも噛みしめていなければならない不条理〜

辺野古、個々の人間が、国家権力によって阻害され、東京から導入された機動隊によって弾圧されている。それでも、連帯し故郷を守ろうとしている。

人間の幸せを目指しているはずの国家が逆のことをしている。人間として扱っていない。アメリカとの約束を優先する。日米安保の為なら沖縄が犠牲になる。地域とか自治体には札束で懐柔する。

さわやかな風が吹く辺野古集落。とんぼや蝶が飛び舞う平和な集落が軍事基地化されると騒音をまき散らすオスプレイの拠点基地が形成される。100年、200年先まで米国の軍事基地が置かれることになる。地域とか、自治体は崩壊する。

辺野古の海は心躍る新鮮な魅力があった。人々は豊かな海の幸で生命をつないできた。風と土と心があった。土のにおいがあった。人間のにおいが色濃く感じられた。人間を助け合う風があった。

キャンプ・シュワブは農民の土地を強制接収してつくられた。1960年代に本土から海兵隊が移った。ベトナム戦争のころはドルの雨が降った。農地を取られた人々は職を失った。基地に働きに出た。生殺与奪(せいさつよだつ)。米軍は絶対的な権力を握って沖縄を支配した。

名護市でも辺野古は格差が大きい。試練に耐えてきた。苦しみに耐えてきた。この集落に札束で辺野古移設容認を迫る。地域住民は悲しみを噛みしめている。

国家は札束で魂を揺り動かす。いつも噛みしめていなければならない不条理。集落が瓦礫のように崩れかけようとする。日本列島の片隅に軍事戦略拠点化反対を叫ぶ住民たち。

新基地建設阻止の戦いに沖縄戦をくぐり抜けた老人たちの姿がある。老いが目立つが、どんなに叩かれようとも、どんなに権力に作用されようとも故郷を守る。人間は何のために生きているか。辺野古の叫び声に目覚めなければならない。

沖縄の歴史から学ぶ。「くじかれるほどに強く生きてきた民族の誇りがある」
「沖縄を返せ」「沖縄を返せ」・・・若いころ、進学のため琉球列島高等弁務官発行のパスポートを持参し上京。学業をさぼり、東京山手線界隈・池袋、大塚、巣鴨駅前で沖縄返還を叫んだことを想いだす。沖縄人お断りの下宿もあった。米国の植民地の認識だった。

今、沖縄で何が起こっているか。辺野古における権力の弾圧。心悲しい日本人よ! 心さびしい日本人よ! 心むなしい日本人よ! 今こそ目を開いて沖縄の現実を直視せよ。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:04| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする