2015年11月12日

■沖縄再び「差別の重力場」へ

■沖縄再び「差別の重力場」へ

今から43年余前の1972年5月15日、沖縄は素晴らしい時代の到来だった。沖縄の「耐える哲学」の歴史に終止符を打ち、政府は沖縄に全力投入し沖縄振興がスタートしたのだ。

沖縄の歴史に対する国の責任論で本土と一体化した沖縄振興が展開された。沖縄の未来づくりに向けて「戦略の深化」の幕が開いた。「格差是正」「経済自立」「豊かな沖縄」等のスタンスに県民は期待を寄せた。日本の一部として扱われた。差別から決別した喜びがあった。

復帰対策に携わっていたころ、「贖罪意識」という言葉は日本政府が沖縄に向き合う言葉だった。歴史の流れでこの言葉は風化している。

あれからまもなく四分の一世紀になる。一つの悩ましい出来事が起こっている。国家の「モグラたたき」のように東京から機動隊を導入し、新基地建設反対を叫ぶ沖縄戦体験者のオジー、オバーたちがごぼう抜きにされているのだ。この現実を見ると心が折れる思いだ。

その危機に日本国民は何を感じ、何を思うのか。国防のためにリスクは「沖縄」が背負う。沖縄の犠牲感覚に目覚めない国・日本は国家と言えるだろうか。

不条理な辺野古移設は瑕疵があるとして、翁長知事は取り消した。政府は沖縄を無視し、権力で抑える。「日本型行政」の矛盾。「差別の構造」。沖縄は歴史の落とし子ではない。

基地建設の「重力場」としての沖縄。権力の「悪い癖」がまかり通る沖縄。法治国家の品格を問う。

翁長知事は公開質問状を送った。国と法廷闘争が始まる。国はあるときは国の主張を唱える。都合の悪い時は「私人」を唱える。代執行手続きでは「審判」と「プレーヤー」を使い分けている説明があいまいだと公開質問状に踏み切ったと知事は言う。知事は140万県民の思いを伝える。

陳腐化する政府の説明。まず、沖縄にどうこたえるのか注視したい。沖縄は悩ましい時期を迎えた。息の長い戦略になると思う。民主主義を分析したい。不条理を洞察したい。抑止力の「幻想」が生じているのが沖縄問題の本質だ。重層的な沖縄の声は「日本政府」に届くだろうか。反射神経で答えてほしい。


posted by ゆがふ沖縄 at 00:02| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

■マネーが地域を踏みつぶす

■マネーが地域を踏みつぶす

『エンデの遺言』のプロローグの文章だ。この本は根源からお金を問う。暴走するお金の正体を探る。内橋克人さんが書いたプロローグを読むと文章の技術、筆力に吸い込まれる。

『エンデの遺言』─その深い衝撃を内橋さんは突く。マネーが地域を踏みつぶす。

この本を読みながら巨大マネーで沖縄の米軍基地建設の歴史を思い出した。銃剣とブルドーザーで5万世帯の土地を強制接収した。集落が完全につぶれた。分断された集落もある。道路建設で海につぶれた土地もある。極東最大の基地建設が始まった。1950年から53年までに2億7千万ドル(当時の為替レートで970億円)で米軍基地の原型ができた。今の貨幣価値で2兆7千億円。暴走するお金の姿が「沖縄」の悲劇を生んだ。ドルの雨が降ったが住民は弾圧された。暴走するお金の正体があった。

『エンデの遺言』は世界を覆う金融システムとその上に乗って自己増殖しながら疾駆する「貨幣」は、人間労働の成果と自然を含む価値高い資源を、貧しい国から富める国へと移す道具となっていると内橋さんはプロローグで紹介する。

変質する貨幣の全体が『エンデの遺言』に凝縮する。世界をめぐる貨幣は300兆ドル。地球上に存在する国々の国内総生産は30兆ドル。世界の輸出入額は8兆ドル。この巨大な通貨の総体は、そのままコンピューターネットワークを従僕とした世界金融システムと同義であり、その金融システムは「商品として売買される通貨」をこそ前提とすると内原さんは解説する。

『エンデの遺言』が私たちに呼びかけるメッセージの内実はあくまで深く真摯なものだとも解く。マネーの暴力も述べる。

地域はしばしばマネーの足下に組み敷かれた─戦後の沖縄の歴史につながる言葉にもつながる。沖縄を統治した高等弁務官資金を連想させる。

プロローグの結びの言葉は胸に響く。
「ミヒャエル・エンデが通貨を問い直すことで覚醒されたものは、明らかに次の時代を担う思潮としての、そこに生きて呼吸する人間を中心に据えた「経済」への熱烈な希求心である」

「エンデ」のラストメッセージを掲げる。
『人間が生きていくことのすべて、個人の価値観から世界像まで、経済活動と結びつかないものはありません。問題の根源はお金にあるのです。・・・そこで、いまの貨幣システムの何かを変えるべきなのか』

『人類がこの惑星上で今後も生存できるかどうかを決める決定的な問いです。お金は人間がつくったものです。変えることができるはずです』

* * *
秋の夜長。2階の窓から冷たい風が注ぐ。窓から南風原方面を眺めると明かりは消えることがない。朝は太陽が昇る。「お金」という太陽は上りつづけるだろうか。マネーパワーの限界はあるだろうか。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

■ケネディが尊敬した上杉鷹山

■ケネディが尊敬した上杉鷹山
〜歴史に学ぶリーダーの条件〜

大西敬義『一流のリーダー学』を読んだ。時代をリードするリーダーの条件が記されている。時代を映すリーダー像、陽転の発想で逆転の発想などニューリーダーの条件を述べているが読む人を燃えさせる。

戦略論も興味を引く。戦略なきところに成功なしと説く。人間尊重こそ経営の原理・原則という。経営とは人間学の追求だともいう。自己変革では、信頼の確立こそリーダーの基本と述べる。自らが燃えてこそ人は動く。読む人に感動を与える言葉が滲み出ている。

より高いビジョンが人を動かす─なるほどと思った。実践人間学を教えてくれる。出会いこそ活力・チャンスの源だと説く。

若いころは経営学関連の本をずいぶん読んだが、この本は人間哲学を知るうえで目から鱗だ。

この本で事例研究として優れたリーダーとしてケネディが尊敬した上杉鷹山を取り上げている。

米国第35代大統領ジョン・F・ケネディは「あなたの尊敬するリーダーは誰ですか」と聞かれ、「上杉鷹山」の名をあげたという。戦後の日本人にはなじみの薄い存在だがケネディが知っていたというから驚きだ。

ケネディが尊敬する数少ない世界のリーダーの一人に鷹山が入っていたことは洋の東西を問わず通用するリーダーの条件を備えていたと著者は話す。

更に次のように話す。「鷹山は倒産寸前の米沢藩を見事に再建した。しかも再建のやり方がこれまた見事で立派であった。最高の戦略、戦術を駆使しながらもあくまでも人間尊重の立場を貫いた。再建に当たっては数々の改革を断行したが、その際も常に人の意見を聞き「民のため」という道徳が基盤になっていた」(同著66P)。

ケネディが日本の歴史に学んでいたことを初めて知った。歴史に見る人間学と言えようか。リーダーの生きざまを活写した本だが、ケネディは日本のリーダー研究をしていたのだ。秋の夜長に更に目から鱗である。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする