2015年11月17日

■『2025年日本の死』

■『2025年日本の死』
〜日本という国家は消滅する『沖縄独立』〜

古本屋で面白い本に出合った。水木楊『2025年日本の死』。あと30年で日本という国家は消滅する。迫真の近未来シミュレーションを描く。

近未来のシミュレーションはこうだ。
ステージ1 狂躁の時代 1986年〜1995年
ステージU 閉塞の時代 1996年〜2005年
ステージV 衝撃の時代 2006年〜2015年
ステージW 崩壊の時代 2016年〜2025年

著者は崩壊の時代のシミュレーションに沖縄独立を掲げる。秋の夜長に読むにふさわしい。沖縄人の視線を引き付ける名著だ。

文章の書き出しが面白い。しかし、ときすでに遅し。人身は中央政府から離れていた。今の沖縄を予言しているのではないか。辺野古のいまと重なる。

沖縄の近未来を予言しているので引用して紹介する。

「沖縄が日本本土から飛来する人々の入島制限を始めた。那覇空港で沖縄県庁が観光客に身分証明書の提出を求め、沖縄在住でない人々は、用意した飛行機で本土に送り返した」

「沖縄には、大地震を恐れた人々が続々とやってくる。身ひとつでやってくる人々ですから、金がない。面倒を見るには住宅、医療、食糧などで金がかかる。とても面倒見切れないという空気がより高まっていた」

「第二次大戦末期、本土は米軍の苛烈な攻撃の前にさらされた沖縄を見殺しにしたではないか。その本土の人間をどうして助けてやらなければならぬか」

「これに対し、東京の中央政府は厳重な警告を発した。日本国民はどこにでも移動できる自由がある」

「しかし、那覇空港の入島制限は終わらなかった。そして、まもなく沖縄は日本国からの独立を宣言した。国名は琉球共和国。那覇が首都になった」


「沖縄は琉球王国として長く独立した歴史を持ち、薩摩の支配を受けるまでは南海の要路にある島として中国大陸との交易で栄えた」

「それが明治の廃藩置県では王国は消滅して日本の一部に組み込まれ、第二次大戦で激戦地になって多くの生命を散せた。そして戦後は米軍の統治下に置かれた。このつらい記憶が消えるわけがない」

「日本への返還後の沖縄経済は中央政府の補助金に依存した構造になった。沖縄の道路、港湾その他のインフラストラクチャーはきわめて良好になった」

「しかし、その補助金も日本政府の破産状況になってしまったとあっては期待できない。となると、もう日本に無理してくっついている理由がない」

「それよりも中国や発展する東南アジア経済にネットワークを広げていった方がはるかに明るい未来があるというわけだ」

* * *
水木楊さんはペンネームだ。本名・市岡楊一郎。日本経済新聞ワシントン支局長、外報部長、取締役論説主幹を務める。心を静めて読んだ。文章の技術が滲み出ている。

沖縄独立を読んだ感想。
沖縄をあやつる日本・・・沖縄に未来はあるか。沖縄の心を札束であやつる国家とは。

敗戦後からの差別・・・沖縄の戦災戸籍の放棄、戦没者援護法の差別、17年間の財政援助の空白。差別の連鎖、新基地建設の不条理。日本は民主主義の国家と言えるのか? その答えは辺野古が示している。

今、沖縄で何が起こっているか。
政府のご機嫌取り。直接振興資金という札束。新基地建設の暴走。権力の疾駆。支配の道具としての深い衝動が沖縄を襲う。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:03| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする