2015年12月15日

■普天間移設問題の増悪(18)

■普天間移設問題の増悪(18)

●青木官房長官記者会見質疑応答(官邸作成)A

(記者)今日は知事の方からは、軍民共用の話ですとか米軍の使用期限などの話はなかったのでしょうか。

(青木官房長官)その話については、知事の方から一切ありませんでした。

(記者)軍民共用とする点や15年の使用期限を区切るという問題について、改めてどのような見解を政府としてお持ちでしょうか。

(青木官房長官)今申し上げたように、今日の会議において15年の問題、軍民共用の問題についての知事の発言はありませんでしたけれども、前回、私(官房長官)が沖縄を訪問しました時に、知事の方から知事選の公約として、こういうことを公約いたしておりますので、知事としてはこれを一つ考えてもらわなければ困るという発言がありました。今日はございません。

(記者)その知事の意向に対して、現段階では、官房長官どのようにお考えでしょうか。

(青木官房長官)知事が選挙で公約したことは、非常に重いことだと考えておりますけれども、そういうことを含めて今後、検討する問題であろうというふうに考えておりまして、それをそのまま実行するかしないかということは、私どもとして何らご返事は知事にいたしておりません。

(記者)軍民共用ということに関しては如何でしょうか。

(青木官房長官)知事からはそういう公約であるので、自分としては是非そうしていただきたいという要望が、前回、沖縄訪問の際にありましたけれども、それについて私(官房長官)が今申し上げたように、いろんな15年という長い間には、国際情勢の変化や社会情勢の変化もあるだろうし、また、相手国の立場もあるでしょうから、知事さんの意見は意見として聞きましたけれども、返事は何らいたしておりません。

(記者)この問題を巡っては、今後、知事の移設先の表明ですとか、或は移設先とされた自治体がどう対応するのかという問題も、色々なプロセスを経なければいけないと思いますが、政府の基本的な認識としては、どの段階まで至ればこの問題が決着したというふうに言えるとお考えなのでしょうか。

(青木官房長官)今、お尋ねがありましたように、今日の会議を受けて、知事から恐らく候補地の決定をなされるであろうし、また、決定された地域のいわゆる態度の問題もあるでしょうし、そういうふうなことを私どもは、見守っておるところでございまして、全て知事にお任せをいたしておるところでございます。

(記者)敢えて確認しますが、普天間問題のそう言った意味においては、見守っていくという時に、年内に何らかの解決を図るというふうな見通しというのは、お持ちでしょうか。

(青木官房長官)私どもとしては、今日の会議を受けて一歩前進したという解釈をいたしておりまして、できるだけ早い機会に円満な解決が得られたとそういうふうに考えております。

(記者)特に年内にこだわらないという意味と解釈してよろしいでしょうか。

(青木官房長官)できるだけ早い機会に円満な解決が図られることを望んでおります。

(記者)確認になりますが、次の会議などについてはまだ正式に決まっていないでしょうか。

(青木官房長官)次の開催、14回目になりますが、については今のところ白紙の状態でございまして、県との連絡をしながら決定していかなければいかん問題だと、こういうふうに考えております。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 米軍統治下の沖縄政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

■普天間移設問題の増悪(17)

■普天間移設問題の増悪(17)

1999年11月19日・第13回沖縄政策協議会終了後、普天間問題についての質疑応答を掲載します。

●青木官房長官記者会見質疑応答(官邸作成)@

(記者)北部振興策についての国・県・地元市町村が一体となって検討を行う場というのは、これは閣僚も入るようなそういうレベルのものを想定なさっているのでしょうか。

(青木官房長官)未だ、具体的には今日の段階では何も決めておりませんが、知事からそういう要望がありますので、その要望を元にして積極的に、私どももそういう体制で臨んだ方が良いのか、今後検討をして、早急にそういう問題に対する回答を前向きにしたいと、そういうふうに考えています。

(記者)今日の沖縄政策協議会で、県と政府の足並みは揃ったという印象を持っているのですが、今後のスケジュール、或は年内に普天間問題解決に向けた課題、どの様に今後受け止めていますか。

(青木官房長官)次の協議会の開催につきましては、県の要望について検討をしながら、県とも相談のうえで決めたいと考えておりまして、今のところ未だ正式な決定は、何らいたしておりません。国と県の足並みが揃ったかどうかというお尋ねでございますけれども今回の会議によって、私ども政府が沖縄に前向きに取り組んでいるということも十分、理解していただきたいと思いますし、また、知事からの要望についても沖縄にとって非常に重要な問題でありますので、私ども知事の要望を十分踏まえて、いつも申し上げておりますとおり、前向きな対応をしっかり政府としてもやっていきたいと、そういうふうに考えております。

(記者)知事の発言の最後に、国において明確な対処方針を示して頂いて、早い時期に移設候補地を表明したいという発言がありますが、この国の明確な対処方針というのは、この知事発言の後に官房長官の方から示された政府の取り組み方針と、これによってこの明確な対処方針というのは示されたという理解なのでしょうか。

(青木官房長官)私どもとしては、今日のところ県の要旨に対し、政府の取り組みについての姿勢は十分申し上げ、知事の方でもご理解を頂いたと考えておりますが、細部にわたって、これから色々詰めなきゃいかん問題は当然残っていると、そういうふうに解釈いたしております。

(記者)順番としましては、その細部において国が詰める前に、今日、基本的な方針が示されたことで、知事の方から移設候補地の表明があるという理解なのでしょうか。

(青木官房長官)私どもは、そういうふうに理解をいたしております。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:03| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

■普天間移設問題の増悪(16)

■普天間移設問題の増悪(16)

1999年11月19日、第13回沖縄政策協議会終了後、官房長官(沖縄開発庁長官兼務)・青木幹雄は官邸記者クラブに姿を現した。

青木官房長官は「沖縄振興の現状について」及び「今後の取り組みについての県要望」を議題として協議が行われたと披露して見せた。

「沖縄振興の現状について」は、沖縄開発、環境、通産、郵政の各大臣から、各省庁での積極的な取り組み状況について発言があったと述べた。

沖縄知事・稲嶺恵一から今後の取り組みについての要望あったことを明らかにし、その内容を語り始めた。

第一に、特別調整費を活用した事例として、フアッション産業の支援事業等の三つの新たな事業についての検討の要望があった。

第二に、中南部に比較して振興が遅れている北部地域の振興策についての国の特別の支援、普天間飛行場の移設先の振興策についての総合的な視点からの取り組み、これらに関しての国・県・地元が一体となって検討及び調整を行う場の設置の要望があった。

第三に、基地跡地対策としては、大規模な開発における国の積極的な参加が不可欠との認識の下で、跡地開発の円滑な推進のための法制の整備や実施体制の在り方について要望があった。

「政府の今後の取り組み方針」は事前に記者に配布された。青木官房長官は政府の取り組み方針を提案し、協議会の場でご了解を得たと述べた。

その後、沖縄問題について質疑応答があったが、詳細は次回に記す。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:06| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする