2015年12月15日

■普天間移設問題の増悪(18)

■普天間移設問題の増悪(18)

●青木官房長官記者会見質疑応答(官邸作成)A

(記者)今日は知事の方からは、軍民共用の話ですとか米軍の使用期限などの話はなかったのでしょうか。

(青木官房長官)その話については、知事の方から一切ありませんでした。

(記者)軍民共用とする点や15年の使用期限を区切るという問題について、改めてどのような見解を政府としてお持ちでしょうか。

(青木官房長官)今申し上げたように、今日の会議において15年の問題、軍民共用の問題についての知事の発言はありませんでしたけれども、前回、私(官房長官)が沖縄を訪問しました時に、知事の方から知事選の公約として、こういうことを公約いたしておりますので、知事としてはこれを一つ考えてもらわなければ困るという発言がありました。今日はございません。

(記者)その知事の意向に対して、現段階では、官房長官どのようにお考えでしょうか。

(青木官房長官)知事が選挙で公約したことは、非常に重いことだと考えておりますけれども、そういうことを含めて今後、検討する問題であろうというふうに考えておりまして、それをそのまま実行するかしないかということは、私どもとして何らご返事は知事にいたしておりません。

(記者)軍民共用ということに関しては如何でしょうか。

(青木官房長官)知事からはそういう公約であるので、自分としては是非そうしていただきたいという要望が、前回、沖縄訪問の際にありましたけれども、それについて私(官房長官)が今申し上げたように、いろんな15年という長い間には、国際情勢の変化や社会情勢の変化もあるだろうし、また、相手国の立場もあるでしょうから、知事さんの意見は意見として聞きましたけれども、返事は何らいたしておりません。

(記者)この問題を巡っては、今後、知事の移設先の表明ですとか、或は移設先とされた自治体がどう対応するのかという問題も、色々なプロセスを経なければいけないと思いますが、政府の基本的な認識としては、どの段階まで至ればこの問題が決着したというふうに言えるとお考えなのでしょうか。

(青木官房長官)今、お尋ねがありましたように、今日の会議を受けて、知事から恐らく候補地の決定をなされるであろうし、また、決定された地域のいわゆる態度の問題もあるでしょうし、そういうふうなことを私どもは、見守っておるところでございまして、全て知事にお任せをいたしておるところでございます。

(記者)敢えて確認しますが、普天間問題のそう言った意味においては、見守っていくという時に、年内に何らかの解決を図るというふうな見通しというのは、お持ちでしょうか。

(青木官房長官)私どもとしては、今日の会議を受けて一歩前進したという解釈をいたしておりまして、できるだけ早い機会に円満な解決が得られたとそういうふうに考えております。

(記者)特に年内にこだわらないという意味と解釈してよろしいでしょうか。

(青木官房長官)できるだけ早い機会に円満な解決が図られることを望んでおります。

(記者)確認になりますが、次の会議などについてはまだ正式に決まっていないでしょうか。

(青木官房長官)次の開催、14回目になりますが、については今のところ白紙の状態でございまして、県との連絡をしながら決定していかなければいかん問題だと、こういうふうに考えております。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 米軍統治下の沖縄政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする