2015年12月23日

■普天間移設問題への増悪(24)

■普天間移設問題の増悪(24)

米提案(リーフ浅瀬案)に対する日本政府の反応は、リーフ内を埋め立てすれば、ジュゴンの生息を支える藻場など環境への影響が大きいというものであった。陸域から近く、反対派の阻止行動を懸念した。建設を強行すれば、警察権力が介入することへの懸念だ。

辺野古が第二の成田闘争に発展することを日本政府内部にあったと示唆した。建設予定地が公有水面埋め立ての知事許可が必要であるが、軍民共有、15年使用期限問題を抱え、知事協力への懸念も示された。集落に近く、騒音の発生の環境アセスへの理解が得られないという意見も出た。

2005年10月5日、日本自然保護協会は、米提案の辺野古浅瀬案・ジュゴン生息に悪影響があるとして、政府に意見書を提出する。

辺野古浅瀬案は「良好な海草藻場が埋め立てられ、サンゴ礁の生態系とジュゴンの生息地に重要な影響を与えるとして町村外務大臣、大野防衛庁長官に対して懸念を表明。

ジュゴンが餌とする藻場の調査面積(70か所)のうち、浅瀬案では15地点が影響を受ける。良好な海草が分布し、ジュゴンやウミガメの餌場が失われ、サンゴ礁生態系に重要な影響を与えると主張する。

2004年の第3回、自然保護会議での勧告にもかかわらず「政府がジュゴン区の設置などの行動計画を作成せず、辺野古海域のみを移設候補地として協議していることは大変遺憾である」と批判する。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする