2015年12月28日

■普天間移設問題の増悪(27)

■普天間移設問題の増悪(27)

2005年10月13日、ローレス米国務次官は、普天間飛行場の辺野古移設が決着したら、嘉手納以南の基地の返還を明らかにした。グアム移設と辺野古移設と嘉手納以南返還はパッケージだと語った。

嘉手納以南とは、牧港補給基地(キャンプ・キンザー)と那覇軍港の全面返還、キャンプ・瑞慶覧とキャンプ・シュワブの一部返還などだ。キャンプ・コートニーはグアムに移転される。

辺野古移設が実現しないと「嘉手納以南の返還」や「海兵隊司令部の移転」は見直せざるを得ないと発言。

沿岸案は環境問題で課題が山積した。沿岸案は海上に突き出るため、知事の公有水面埋め立て問題が出てきたのだ。県の同意を得られる見通しは立っていなかった。

大浦湾に突き出る沿岸案は、ジュゴン保護など、環境問題で課題が山積していたのである。SACOの基本計画策定過程で大浦湾31ヘクタールを埋め立てて作業ヤードを設ける案が出た。

大浦湾とその周辺では1997年以来、何度もジュゴンの遊泳が確認されていた。環境保護団体は、杭式桟橋による滑走路建設はジュゴンの生息に悪影響を与えるとして警戒感を強めた。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする