2016年01月15日

■普天間移設問題の増悪(39)

■普天間移設問題の増悪(39)
〜滑走路2本建設〜

防衛庁と名護市の合意案はシュワブ沿岸案の建設地の内陸側に宜野座村側から離陸する航空機進入用の滑走路を建設。海側には名護市安部側に向かって離陸するための滑走路を建設。V字型に2本の滑走路が造られる。

着陸用滑走路は松田上空を回避するため、シュワブ沿岸案の滑走路の向きを反時計回りに18度程度傾ける。ヘリコプターの飛行経路は滑走路の沖合に設定される。沿岸案修正でジュゴンの藻場の影響面積は増える。

新沿岸案の骨子を掲げる。
■額賀長官と島袋市長が取り交わした合意文書「政府は沖縄県及び関係地方自治体のすべての了解を得る。
1.辺野古、豊原、安部地区の上空の飛行ルートを回避。
2.政府案を基本に
 @周辺住民の生活の安全
 A自然環境の保全
 B実行可能性
3.誠意をもって防衛庁、県、名護市などが継続協議。
4.2002年7月29日の基本合意を踏まえ使用協定を締結。
5.政府は閣議決定の際に県、名護市、関係地方公共団体と事前に協議。

■額賀長官は宜野座村の東肇村長とも同村上空の飛行ルート回避で合意書を交わした。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:03| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする