2016年01月20日

■普天間移設問題の増悪(42)

■普天間移設問題の増悪(42)
〜米軍再編最終報告(2006年5月1日)のポイント〜

1.普天間飛行場代替施設
 ・V字型2本滑走路
 ・オーバーランを含み1800メートル
 ・2014年完成目標
 ・埋立工法
 ・戦闘機運用計画なし

2.在沖海兵隊グアム移転
 ・約8000人の海兵隊と家族9000人、2014年までに移転
 ・対象施設も明記
 ・移転総額102億7000万ドルのうち日本は直接支援28億ドルを含め60億9000万ドルの負担

3.土地の返還
 ・返還基地名を明記
 ・2007年3月までに統合のための計画作成

4.自衛隊との共同使用
 ・嘉手納基地、キャンプ・ハンセンに限定

5.嘉手納基地訓練移転
 ・当分の間、嘉手納基地、三沢基地、岩国基地から本土の6自衛隊基地との共同訓練に参加
 ・2007年度からの共同訓練計画を作成
 ・必要に応じて2006年度の補足的計画も
 ・共同訓練は1回につき1〜5機の航空機が1〜7日間参加(いずれ1〜12機の航空機が8〜14日間)

6.普天間飛行場のKC130空中給油機
 ・岩国基地を拠点とする
 ・訓練及び運用のため鹿屋基地とグアムに定期的にローテーションを展開
 ・鹿屋基地にも必要な施設整備
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする