2016年01月22日

■普天間移設問題の増悪(44)

■普天間移設問題の増悪(44)
〜普天間移設をめぐる日米共同声明〜

2010年5月28日、普天間移設をめぐる日米共同声明発表。日米同盟は日本の防衛、アジア・太平洋地域の平和、安全、繁栄にとって不可欠であることを確認。沖縄米軍のプレゼンスは日本防衛の抑止力と説明する。

2006年5月1日の「米軍再編のための日米ロードマップ」の実施を確認。2009年2月17日「沖縄海兵隊のグアム移転に係る協定(グアム協定)も確認された。

海兵隊8千人、家族9千人のグアム移転に向けて普天間代替施設の完成、グア移転により嘉手納以南の返還を実施。1800メートルの滑走路を持つ代替施設をキャンプ・シュワブ辺野古の水域に設置することを確認。

訓練移転として徳之島、日本本土への自衛隊基地を予定する。施設の共同使用は米軍と自衛隊と共同使用。嘉手納飛行場の騒音削減にも言及。

日米共同声明を受け、日米実務者協議は移設報告書をまとめる。それによると滑走路(2本併記)は現行計画に沿った「V字型」と「I字型」滑走路を併記する。

「V字型」は205ヘクタール、1800メートル滑走路2本、経費約3500億円を見込む。約160ヘクタールの海域が埋め立てられ、2100万立法メートルの土砂が必要。約78.1ヘクタールの海草類、約6.9ヘクタールのサンゴ類が影響を受ける。

「I字型」は150ヘクタール、1800メートルの滑走路1本。経費はV字型より約3%小さくなる。約120ヘクタールの海域が埋め立てられ、1890万立法メートルの土砂が必要。約67.0ヘクタールの海草類、約5.5ヘクタールのサンゴ類が影響を受ける。

米側は着陸と離陸を使い分け、海上飛行場を想定。集落上空を回避できる「V字型」が最適と主張。日本側は「I字型」への変更を主張。日本側が主張したのは@埋め立て面積の減少、A環境への影響が比較的小さい、B計器飛行の際に名護市北東の陸上部にある陸上部を飛ぶが、海上を飛行するV字型より集落から遠くなり、埋め立て面積も縮小できる、というものであった。

日米決着は2010年11月28日以降に先送りされた。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする