2016年01月26日

■「宜野湾市長選」に見る政治環境

■「宜野湾市長選」に見る政治環境
〜佐喜真氏勝利は「潮の流れ?」〜

沖縄の政治環境は「オール沖縄」の現象を生んだが、翁長県政誕生後、2016年1月24日実施された「宜野湾市長選」で翁長知事の求心力に陰りが見えた。翁長知事にとっては痛い敗北だった。

「魚の目」という言葉がある。魚は潮の流れを見て回遊する。佐喜真氏は「潮の流れ」を読んでいた。「辺野古移設」の焦点化を避けて選挙を「潮の流れ」に位置付けたのではないか。

宜野湾にとって何が必要かを訴えた。佐喜真氏の戦略の基本ソフトは市の将来発展に目を向けていた。宜野湾市民に直結する政策を訴えたことが勝利の原因と思われる。

佐喜真氏の選挙戦略は「西普天間の跡地利用」だった。米軍キャンプ瑞慶覧の西普天間住宅地区(51ヘクタール)が地権者へ返還された。同地域は、がん治療の重粒子線治療施設の導入や琉球大医学部・琉大病院が移転され「国際医療拠点」構想の形成が現実化していく。市民の共感を呼んだ。「戦略」は最高の選挙市場であることを示した。

一方、志村氏の「普天間の即時撤去」スローガンは、市民の共感を呼ぶものではなかった。宜野湾市長の手に負えないロードマップのない呼びかけは、言葉が一人歩きした感が強い。普天間問題対応への指標がなかった。辺野古移設問題が選挙の焦点にはならなかったのである。市民に直結しないジレンマがあったのではないか?

今回の選挙はインターネット選挙でもあった。佐喜真氏の戦略行動は市民を引き付けた。インターネットなどの草の根メディアが普及すると選挙は情報戦となる。市民の意見が選挙にフィードバックされる。佐喜真氏の「戦略思考」勝ちと受け止められる。

NHKが報道した翁長知事と志村候補の戸別訪問がネットで炎上していたが、モグラたたきの露骨な書き込みも散見されたが、ネット市場では情報戦略が飛び散ったことも影響したと思われる。ネットは情報連関を強める怖さがある。

志村氏は知名度不足を回復できなかった。宜野湾市の将来展望を訴える力を描けなかった。選挙の技術の差だった。佐喜真氏はリーダーシップ論を訴えてフオーカスに奏功した。

宜野湾市長選は「選挙のマーケティング戦略」の物語だった。ネット市場が持つ機微を理解しなければならない。

県民の辺野古移設反対は不動であるが、政治の活断層が出始めている。政治の活断層は戦略によって起こり得る。7月の参議院選挙に向けて沖縄政治は「分水嶺」になるか、あるいは新しい思考で「オール沖縄の再構築」を図るか。

志村陣営には「ゼネラルマネージャー」がいなかった。選挙技術を磨くことができなかった。佐喜真氏は公約の市民共感に成功した。志村氏の動員数は多かったが成果につながらなかった。選挙のプレゼンテーションに差を感じた。組織は一体感を伴い一人一人の行動を変える。本人の気づきを高める。

普天間はどうするか。沖縄の課題だ。「戦略の待機時間」は限られている。翁長知事は思いを巡らせ、腹をくくって答えなければならないだろう。

「オール沖縄モデル」は再構築を求められる。辺野古推進派は自信をつけつつあるからだ。選挙方程式の「回路の強化」が課題になる。

「ロジック」と「共感」で政治は動く。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| ◆「時の動き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする