2016年03月15日

沖縄振興法成立をめぐる国会論戦(12)

沖縄振興法成立をめぐる国会論戦(12)
〜1971年11月・国会質疑のポイント〜

■問34 沖縄県知事の申請に基づいて工業開発地区の指定をすることとした理由如何。

工業開発地区とは、税制上の優遇措置等を講ずることによって工業の開発が期待されるような地区について指定されるから、その指定の手続きとしては地方の事情に精通し、また、相当に広い視野からこのことに関する判断をすることができ、しかも土地取得のあっ旋等、工業の開発のため必要な措置を講ずべき立場にある沖縄県知事の申請を待ってこれを行うことが適当と考えるのである。

■問35 「工業開発地区の指定をするにあたって農林漁業構造の改善について配慮する」とは、どういう意味か。

農林漁業構造の改善について配慮するとは、工業開発地区の指定が農林漁業構造の改善を妨げることのないよう配慮することと相まって農林漁業構造の改善を促進することを目的とすることを意味する。

問36 工業開発地区の指定と工場立地の調査等に関する法律による工場適地の調査との関連如何。

工業開発地区の指定と工場立地の調査がされた地区とは、法律上直接の関係はないが復帰後沖縄において沖縄県知事の申請に係る地区について、工場適地の調査その他工業の開発に関する国の調査がなされれば、当然のことながらその成果が参酌されることになる。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| 日本政府の復帰対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする