2016年06月20日

■民族の怒りが燃えた

■民族の怒りが燃えた
〜沖縄県民大会に参加して〜

灼熱の太陽が照らす沖縄。6月19日、沖縄県民大会に参加した。沖縄の痛み、苦痛と侮辱・・・戦後71年の沖縄の現実だ。元米海兵隊員が女性を暴行し遺棄した残酷な凶悪事件。被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会だった。

6万5千人が集まった。民族の怒りは頂点に達した。心を静かにし、耳を澄ませて聞いた。開会は古謝美佐子さんの「童神(わらびがみ)」が流れた。

「天からの恵み、受けてこの地球(ほし)に 生まれるわが子 祈り込めて育て
イラヨーヘイ イラヨーホイ」

樹木が光を求めるように、沖縄県民は平和を求める。安心して暮らせる沖縄を求める。

人間の尊厳を断ち切られ、20歳の若さで命を絶たれた。基地がある所以だ。いつまで続くこの不条理。古謝美佐子さんの歌声を聞いて涙した。天高く沖縄の空に響いた。官邸まで響いてほしかった。

6月19日付の『沖縄タイムス』『琉球新報』の別冊は戦後の米軍関係者の事件・事故の詳細が掲載されている。貴重な資料だ。同日付の『琉球新報』島洋子政治部長の特別評論は心に響く。多くの日本人が読んでほしい。

共同代表の、稲嶺進さん、呉屋守将さん、高里鈴代さん、玉城愛さんの挨拶は素晴らしかった。沖縄の現実が集約されている。安倍首相や日本政府の高官に聞かせてあげたかった。

誰もが生まれ育ち、誰もが自由に安全に、当然のように生きられる土地がある。日本国の中に沖縄は含まれるのか。なぜ、沖縄には本土のように安全で自由な生き方ができないのか。

翁長雄志知事の挨拶は海兵隊撤退まで踏み込んだ。沖縄の苦悩が滲み出ていた。日本人は広い心で沖縄の現実を見てほしい。知事の言葉は県民の心に貼りついている。
「ぐすーよー まきてぇーないびらんどー」・・・翁長知事の言葉に魂の力を感じた。共感の響きが会場を包んだ。拍手が溢れていた。

ウチナンチュー(沖縄人)で県民大会に不参加を表明した政党がある。参議院選挙前だとか、政治色が強いとか、理由をつけた不参加の記者会見内容がマスコミから伝わってくるが、そのような次元の低い問題ではない。沖縄の現実の問題である。県民の尺度で県民の立場で政治を行っているのか。損か得かの問題ではない。沖縄を見る尺度は何か。米軍の凶悪犯罪に心を砕いて向き合うことができるのかが問題だろう。政治は県民の心と同じでなければならない。

一人の若い命が失われたが、この現実をどう感じているのか。政治色が強いから参加できないという発言自体が政治色の匂いがする。県民から心が離れる時が来る。今沖縄で何が起こっているか。政治とは何か、考えてほしい。

不条理の沖縄で生きてゆくために、人は力を要する。困難があればあるほどその力がものを言う。

人間のほんとうの生き方は何か。「もしかしたら私だったかもしれない」・・・共同代表の玉城愛さんの言葉を聞いて、米軍人軍属が口を開け県民を恐れおののかせる不安が心を刺す。

暑き夏の沖縄・・・痛みを通しての連帯があった。「時の呼びかけ」を聞く県民大会だった。沖縄の心が一つにつながった。戦後71年の忍従を解き放つ力で県民は立ち上がった。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

米軍政下の沖縄財政援助をめぐる国会論戦(41)

米軍政下の沖縄財政援助をめぐる国会論戦(41)
〜1967年特別国会質疑のポイント〜

■問31 沖縄産糖に対する本土との保護措置はどのようになされているか。

従来沖縄産糖は砂糖の輸入に関する外貨割当制度の時代に自動承認制の取り扱いがなされ、併せて関税免除の特恵措置により国内産糖との同様の保護を受けていたが、砂糖の自由化(1963年8月)により、本土の甘味資源生産者同様沖縄におけるさとうきび生産者もコストの安い輸入糖の影響を受けることとなったので、沖縄のさとうきび生産者の農業経営改善と農家所得の安定に資するとともに、沖縄に対する経済援助の一環として、沖縄産糖につき国内産糖に準じた保護措置を講ずることとし、「沖縄産糖の糖価安定事業団による買い入れ等に関する特別措置法」(昭和39年法律第42号)が制定された。

この特別措置法は、農林大臣の定める買入価格により、砂糖の市価(粗糖の国内供給価格)が低落している場合であって農林大臣が買入の必要を認めた時は、事業団に対して沖縄産糖の買入の指示を行うこととしている。
この法律に基づき、昭和40(1965)年度産の沖縄産糖については、国内糖価の異常な価格に対処し、年間買入限度数量を沖縄産分蜜糖の製造数量から沖縄における砂糖の消費量に見合う数量を控除した21万1千トン(トン当たり78,500円)と定め、42(1967)年2月上期より買入支持を行っている。

■問32 42(1967)年度の沖縄産糖の買入価格はどのようにして決定されたか。また沖縄産糖と国内産糖とでは買入価格の異なるのは、どのような理由によるのか。

沖縄産糖の買入価格は「沖縄産糖の糖価安定事業団による買い入れ等に関する特別措置法」によって、「砂糖の価格安定等に関する法律」により定められる国内産甘蔗糖の買入価格及び沖縄におけるさとうきびの生産事情、沖縄産糖の製造事情その他の経済事情を参酌して定めることとなっている。

本年度の沖縄産糖の買入価格は、国内産甘蔗糖の買入価格算定と同様、国内産さとうきびの最低生産者価格を原料価格とし、沖縄産糖の製造に要する標準的な製造費用並びに粗糖の標準的な販売費用を加えて算定されたものである。

なお、沖縄産糖(トン当たり78,500円)と国内価格(トン当たり87,650円)とで買い入れ価格の異なるのは、沖縄は本土に比べてさとうきびの品質、工場の規模、工場当たり操業量等の相違により、標準的な製造経費が異なるためである。



posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| 日本政府の復帰対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

米軍政下の沖縄財政援助をめぐる国会論戦(40)

米軍政下の沖縄財政援助をめぐる国会論戦(40)
〜1967年特別国会質疑のポイント〜

■問30 農林水産業に対する財政援助の状況はどうか。

沖縄における財政援助が開始された昭和37(1962)年度以降、農林水産業関係については、土地改良事業、森林開発及び治山、護岸建設、護岸建設、漁港建設等の生産基盤の整備、また農業試験場、家畜試験場の施設、備品の整備等のいわゆる研究基盤の整備並びに、農林年金への出資金等の農林金融等を重点的に援助してきたところである。

全体の援助金の中に占める割合としては、昭和37(1962)年度から40(1965)年度までは、ほぼ40%〜50%台を推移していたが、41年(1966)年度には援助金の総額が約48億円に増えるに従いその比率は20%となった。

42(1967)年度における主な援助としては、従来の援助項目のほか、水産資源調査、海岸無線局建設等を含め総額で約16億4900万円(うち2億7100万円は43(1968)年度計上)、前年度に比べ58%増の援助を予定している。

■問31 沖縄産糖の本土市場における地位如何。

沖縄産糖の生産量は、そのほぼ全量が本土市場に輸入されており、本邦における40(1965)砂糖年度(10月〜9月)の年間総消費量約200万トン中10%程度が沖縄産糖で占められている。今後はさらにこの割合が増加するものと見込まれる。

同年度における沖縄産糖を含めた国内産糖の自給率は33%を示しているので、沖縄産糖は国内でてん菜糖と並んで本邦における砂糖供給源の大宗をなしている。

また生産される砂糖はさとうきびを原料とした粗糖であってキューバ、豪州、台湾、南アジアから輸入される砂糖と同類のものであり、本邦精糖工場での精糖工程を経て市販されるので、砂糖輸入の自由化以来、政府及び糖価安定事業団の買入を通じ、実質的に国内産糖と同様な保護措置を講じてきたところであり、沖縄糖業の合理化を強力に推進させつつ沖縄糖業の振興については引き続き特に意を払って参りたい。


posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| 日本政府の復帰対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。