2016年07月12日

■言い訳にならんがな

■言い訳にはならんがな
〜沖縄担当大臣落選の波紋〜

現職の島尻安伊子沖縄担当大臣の落選が全国的に話題になっている。島尻氏は、マスコミのインタビューで辺野古公約違反が敗因ではないと語った。

選挙で訴えた沖縄振興の実績や経済政策が県民に浸透しなかったと、言い訳した。落選の顔を見ると『大臣』の輝きを失っていた。公約違反をして、沖縄振興の立役者の配役ぶりだったが、こればかりは付け焼き刃ではどうにもできない。

県民は島尻氏の公約違反の醜態を観察していただけに敗北は予想していた。島尻氏は沖縄のスピリッツを持たない。島尻氏の姿勢は県民との『断層』があった。大臣という権威が県民に通用するはずがなく、メッキが剥がれ落ちた残像を見る思いだ。

公約違反は政治家にとって、致命傷である。県民はよく観察していた。自爆の燃料を自ら注入した『辺野古移設』に県選出政治家の残像を見る思いだ。

悲しいね・・・前回投票した古老の言葉だ。県民の心を読み違えたのが島尻氏敗北の原因ではないか。

島尻大臣の経済政策を聞いても説得力も持たない。説明に欠けているものとは、何だろうか。県民の心を共有することだと思う。沖縄振興は島尻氏の実績ではない。その原点は初代沖縄開発庁長官・山中貞則氏の心を学ぶことではないか。

島尻氏は、辺野古移設を推進する姿勢を堅持して選挙戦に臨んだが、県民は厳しい審判を下した。基地問題の対応は県民感覚と乖離していた。

11万票差で伊波洋一氏は大勝したが、島尻氏にとっては県民の心を『共有』できなかった敗因を深く反省すべきだ。公約違反への嫌悪感は深く刻まれていた。
信頼を失うと増幅されて手厳しい審判が待ち受けている。政治は誠実を胸に刻むことだ(アラゴン)。

政治は県民の信頼で成り立つ。勝敗の要因は意外なところにあった。政治は潮がひく時が怖い。沖縄の空の下で『不倶戴天(ふぐたいてん)』を見た。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:05| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする