2016年07月21日

■政治家の情報学『戦略の失敗』

■政治家の情報学『戦略の失敗』
〜選挙は人にあり〜

7月14日付のブログ、『ギブ剛候補・落選の波紋』を見た数名の知人からメールが寄せられた。なぜ島尻安伊子氏は大敗したのか。

おおさか維新が島尻氏とセットで比例区『ギブ剛』氏を売り出したのは、情報感性の欠落だったというものであった。島尻氏の言動から何を学んだのか? 選択の時代をいかに読み切るか。

選挙とは人間力への評価である。島尻氏の人間力は県民に通用しない。変転極まりない言質をみれば分かる。

参院選後の報道で沖縄2紙も指摘していたが、島尻氏は公約破棄の経緯を持つ。その政治姿勢は『県民との断層』だ。県民の立ち位置ではない。権力の立ち位置で沖縄と対峙してきた。県民は政治家の行動には敏感だ。

島尻氏大敗は県民感覚に裏打ちされている。『おおさか維新沖縄支部』、『政党そうぞう』が『島尻あい子』氏を推薦したことは、政治情報学では『感性欠如』と表現される。

『情報整理学』の視点でいえば、『ギブ剛』氏が島尻氏とセットで選挙戦に出たことは、公約破棄の島尻氏と政治理念を共有したことになる。政治家の背骨を選挙で見せたが、『ギブ剛』氏の敗北は意外なところにあった。

歴史を振り返ってみよう。下地幹郎氏が大臣の要職にあった時、辺野古移設を容認し、直後の衆議院選挙で県民は『ノー』を突きつけた。このことは際立って指摘された。県民感覚に裏打ちされた落選だった。

『ギブ剛』氏落選を見ると歴史から学ぶ学習効果は活かされていない。情報力の現代では、政治家の資質・理念が県民の目にさらされる。島尻氏の『公約破棄』は見苦しいものであった。選挙は肩書よりも『信用』が重視される。

世界的な経営者『ビルゲイツ』は『指先に情報』をというマルチメディアの普及に成功した。『ビルゲイツ』は経営理念やビジョン、顧客を重視した経営戦略で世界的指導者になった。経営は情報を制する者が市場を制すると語る。MBA教科書に出てくる言葉だ。人間力の行使は顧客重視である。この言葉は、政治の世界にも当てはまる。

政治は県民の中にある。県民とどう向き合うか。選挙はやはり『人にあり』というべきか。県民が価値情報を選択する時代である。

県民の政治意識は高いレベルにある。政治家に求められるのは『県民を見る眼』である。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:13| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする