2016年08月15日

「償いの心」が原点

8月14日付、琉球新報は沖縄予算の概算要求「リンク論」について特集記事を掲載している。沖縄関係予算について復帰時に特殊事情に配慮して立法された「沖縄振興特措法」と一括計上の仕組みについて分かりやすく解説している。沖縄関係予算の成り立ちや一括計上を理解する上で大変参考になる記事である。

「基地と振興」のリンク論を日本政府は認めたが、沖縄振興の原点は風化している。沖縄振興についての私のコメントが掲載されているので、ブログで紹介する。

 *  *  *
2016年8月14日付、琉球新報「識者評論」
「償いの心」が原点
   宮田 裕 (元沖縄総合事務局調整官)

沖縄を取り巻く環境が大きく変わり始め、沖縄振興の原点「償いの心」が瓦解している。菅義偉官房長官は、基地と振興はリンクすると語り、鶴保庸介沖縄担当相は「消化できないものを無理やりお口開けて食べてくださいよでは、血税を無駄遣いしているという批判に耐えられない」と予算の減額を示唆した。島尻安伊子前沖縄担当相の参議院選落選が影響した方針転換だと伝えられている。

国の言いなりにならない露骨な兵糧攻めは、とんでもない浅薄(せんぱく)な歴史理解と言わざるを得ない。米軍政下で日本の財政政援助から見捨てられ、沖縄苦難の歴史に「償いの心」を持ち、国の責任で振興を進めるというのが、本土復帰に際する沖縄振興の精神だった。

復帰関連法案の立法趣旨説明で総理府総務長官・山中貞則氏は、苦難の道を歩まれた沖縄県民に謝罪した。1971年3月、政府広報「時の動き」で山中氏は沖縄返還に当たり国の責任で沖縄振興に取り組むと述べた。山中氏は、復帰時に大蔵省(当時)が難色を示していた沖縄の高率補助反対を押し切り、振興予算に高率補助を盛り込んだ。「『沖縄の心』とは苦難な沖縄の歴史に対す『償いの心』だよ」。山中氏が財政当局を口説く言葉だ。贖罪意識で沖縄振興の「原点」を貫いていた。

辺野古新基地建設が浮上すると振興策も変質し、基地と振興策がリンクした形で沖縄予算が決まるようになった。基地を受け入れなければ「兵糧攻め」で沖縄予算を減らすことは沖縄振興の本質を見失うものだ

復帰時に沖縄振興法が制定され、振興計画に基づき財政措置が講じられてきた。基地問題が浮上し、沖縄予算が理不尽にまみれ、振興予算3千億円の攻防を巡り本土と沖縄の認識の相違がある。

沖縄振興は、復帰後の沖縄の将来展望を明らかにし、県民が喜んで復帰を迎えるために実施されるものであるが、原点は風化している。沖縄を理解する政治家は少なくなった。沖縄振興の本質を見つめてほしい。権威だけで沖縄問題は解決しない。(地域開発論)
 
posted by ゆがふ沖縄 at 01:17| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする