2016年08月18日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(1)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(1)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

第67国会(臨時会)は、1971年10月16日召集され、会期は3日間の延長を含む73日間をもって同年12月27日終了した。

本国会における最大の案件は、1971年6月17日に署名された沖縄返還協定並びに沖縄復帰に関係する諸法案の審議であった。

佐藤内閣総理大臣は、10月19日の本会議において「沖縄県民をはじめ全国民の多年の悲願であった沖縄の祖国復帰を実現するときが、いよいよ目前に迫っていることを国民の皆様とともに心から喜びたいと思います。(中略)この際あらためて、私は、これまで言葉に尽くしがたい辛酸(しんさん)をなめてこられた沖縄百万県民に対し、全国民とともに衷心よりそのご苦労をねぎらうものであります、と述べ、沖縄の祖国復帰を実現しようと所信を表明した。

以下、沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題に関する質疑応答要旨をブログで掲載する。

■核も基地もない平和な島、本土の犠牲にならない復帰の要求というのは、沖縄県民の身勝手な要求なのか。また、そういう要求になぜこたえられなかったのか。

(佐藤内閣総理大臣)
いままで占領下で続いてきた状態が、今度は復帰すれば安保条約の枠内において米軍の基地、施設を提供することになるのだから、その実質的な変化があるということを申し上げておるのであるが、これについての理解が十分でない。

日本国民についての考え方については県民も同じ気持ちであるから、ともに手を携えて基地の整理統合あるいは平和な島を建設することについて積極的な態度で臨もう、そのためにも一日も早く復帰を実現させることであると念願しておるような次第である。


posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする