2016年08月23日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(4)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(4)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

■沖縄が戦争によって失われた領土であるとは思わない。沖縄はやはり日本固有の領土である。ただ施政権は失ったけれども、それが返されるということであって、戦争によって失われた領土が返されるということにはならないのではないか。

(福田外務大臣)
今度返ってくるのは施政権であり、その前提として我々が失ったのは施政権である。しかし、これは実際領土権と同じような効果がある。そこでこの施政権の返還と領土の返還を並べて比較するということは、別に何の不自由もないと思う。そういう意味合いにおいて、ちゃんと心得てやっている。

■沖縄自民党の公約は、復帰の際の米軍基地は本土並みを目標とする、となっていた。この公約は自民党としては、当然守らなければならぬと思う。

この公約は自民党としては、当然守らなければならぬと思う。もしそれができないということであれば、それだけの責任を感じないかどうか伺いたい。

(佐藤内閣総理大臣)
基地の密度は復帰の際には、必ずしも本土並みではない。しかし、基地機能は本土並みである。核抜きであること、また、自由出撃のできないこと等は本土並みである。このように了解いただきたい。

■アメリカが施政権を行使した期間、その行使は正しかったのか。政治の原理に照らして十分やったかどうか、その民政に対する評価を聞きたい。

(佐藤内閣総理大臣)
多くを言わず簡単に一言でいえば、占領の延長、こういう形で沖縄に施政権を行っていたと思う。

■ベトナム戦争は依然続いているが、返還後の沖縄を基地としてベトナムへの出撃は継続するのか、それとも一切なくなるのか。

(佐藤内閣総理大臣)
返還後の沖縄には、安保条約その他関連取り決めがそのまま適用になるので、沖縄からの直接戦闘作戦行動は、当然に事前協議の対象となるわけで、べトナムへの自由出撃というようなことは一切なくなる。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:16| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする