2016年09月14日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(20)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(20)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

■核の撤去後、何らかの方法で核抜きの確認をすべきだと思うが、具体的な提案があれば示してもらいたい。

(福田外務大臣)
この核というものは、これはアメリカの戦略、戦術の最高の機密の事項に属するので、これをどういうふうにするんだ、というようなことをアメリカ当局としては明らかにしない。

あそこに核はあるだろうとにらんでいるが、アメリカ当局は正式には核があるとも言っていないが、とにかく米政府と厳重に話し合いをしたい。先方においても、遺憾なきを期すということを真剣に考えている。

■核の点検について国際法上できないという。その国際法とはどのような条項をさしているのか。

(高辻内閣法制局長官)
治外法権という言葉があるが、他国に駐留する軍隊についても、あるいは現在は施政権のもとにあるから当然なことだが、これについてわが国が強権をもって点検することはできない。

その根拠は実定条約にあるかどうか、国際慣習法、いわゆる国際法でこれは原則的に認めるところである。

■核点検という問題を国連の場でも問題にして、そして国際的な世論を味方にする努力をしたらどうか。

(福田外務大臣)
いま協定の審議を願っており、しかも来年の4月1日を目してこの条約の効力発効を念願している。

そういう立場の私として、国連でいま運動を展開したらこの問題が解決するというふうな見通しは立たない。観念的には考えられるかもしれないけれども実際上それは実現不可能な問題である。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:04| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする