2016年09月22日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(26)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(26)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

■返還は5月15日ということになっているが、核抜き作業の現状を政府はどうつかんでいるか。

(福田外務大臣)
アメリカとして非常に高度の機密に属することと考えていて、私どもとしては知る由がない。サンクレメンテの会談、その後の折衝等を通じて得た印象では、この問題は全く大統領の所管事項であり、扱いは非常に慎重であった。

5月15日には核はありませんと言っておるにとどまり、撤去の手順についてはアメリカを信頼するほかはない、といことである。

■返還時の核撤去の確認方法として、5月15日も目前となったので、細かい打つ合わせができていると思うが、その点について伺いたい。

(福田外務大臣)
5月15日の核なしの確認については、サンクレメンテ会談以降、両政府の間でいま相談している。まだ最終的に煮詰まっていないが、大体アメリカ政府から日本政府への書簡発出の形になろうと思う。

■核撤去の確認方法はどうなるのか。

(外務省吉野アメリカ局長)
核をわが国に持ち込まないということについては、岸、アイゼンハワー声明以来、アメリカ側はわが方に何回も保証している。69年の共同声明、また今回の沖縄返還協定七条において、条約上もわが国に保証しているわけで、これ以上アメリカの保証は必要ないと考えているが、しかし、核に対する国民の疑惑をを考慮し、サンクレメンテ巨頭会談において、佐藤総理からニクソン大統領に対して、返還日に核がないということを保証してほしいと申し入れた。

これに対し、米国政府は保証するような方法を考えていると言っておる。われわれは、返還日には何らかの保証があると期待している。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:48| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする