2016年09月26日

■上間自治会「敬老会」に参加して

■上間自治会「敬老会」に参加して
「人は成熟するにつれて若くなる」

那覇市上間は文化、芸能の宝庫だ。9月25日、上間自治会敬老会があった。70歳になると招待される。もてなしもすごい。定年後のこれからの人生を生きる活力に満ちた地域である。

高齢化社会、長寿社会と言われるが、出席者は青年そのものだ。青年会活動も盛んである。若者から中年、壮年、老人まで一体感がある。伝え聞くところでは、上間は琉球王府から明治40年まで真和志地域の政治の中心地であったという。上間の獅子舞は琉球王府からの伝統らしい。

行事、連帯が熱中し、地域に生きる長寿を保証する。平均寿命も長い。集落は「絆」で結ばれている。獅子舞も有名だ。婦人会の芸能は参加者を魅了する。「高齢新人類」と言えようか、活力がある。ふれあいがある。老人が歌うカラオケはレベルが高い。

最近は県外からの移住者も増えている。老後の異文化の世界と言えようか。とにかく独特の集落である。生き生きとした青年、若々しい婦人会、老人は生きがいに価値観を見だす。はつらつとしたエネルギーは他人にも自然にも優しい。地域の文化かもしれない。

参加者の会話もすがすがしい。老人の長生きの秘訣を聞いた。食事がおいしい(快食)とのことである。くよくよしないともいう。よく眠れる(快眠)をあげていた。快便も健康の秘訣だという。宿便は健康の大敵だという。食事の大切さを知った。

あなたの健康法は? 僕には特別な健康法はない。地域に溶け込む喜びのヒントを見つけた敬老会であった。敬老の日に「老人頭脳」を学んだ。心が癒された。ウチナーグチ(沖縄語)の会話を楽しんだ。第二の人生を楽しむには最高の場所だ。

いかにして人は良く「老いる」か。文豪・ヘルマンヘッセの言葉を思い出した。若いころ、よく読んだが、最近、文豪の書物から遠ざかっていたが、若いころ、東京・神保町の古本屋に通っていたころを思い出した。神保町は貧乏な学生時代、孤独な散歩を楽しんだ場所である。

敬老の日に文豪ヘルマンヘッセの著書を読み直した。人が老いて学ばなければならない知恵がいっぱい詰まっている。「人は成熟するにつれて若くなる」・・・賢者からの贈り物である。ヘルマンヘッセのひとつひとつの言葉の中には確かな響きがある。

夏の終わりだろうか。2階の窓から静寂な秋の風が吹きちぎる。南風原方面の夜景を見ながら「赤ワイン」を飲む。過ぎ去った若いころを思い出すと妙に日が過ぎ去っていく。今日も一日老いていく。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする