2016年10月25日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(47)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(47)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

那覇空港の返還等B
■那覇空港について、審議の過程で米軍も一枚加わった三者共同使用は
絶対ないとのことであるが、基地の中に米軍のミサイル基地があるというような状態で完全無欠な全面返還であるかどうか。

(福田外務大臣)
那覇空港はわが国に完全に返ってくるわけであって、その空港をわが国がどういうふうに使うかというと、三者使用という話もあるが、返還後に米軍が使用することはない。つまり、わが国の民間と自衛隊の二者が共用するのである。

■那覇空港に対しては自衛隊の使用はやめなさいという県民の強い要望がある。そういう感情を無視して自衛隊と共用することについて、意見があるのかどうかお聞きしたい。

(丹羽運輸大臣)
民間空港としては、もちろん、自衛隊の飛行場と分離したほうが望ましいことは言うまでもない。しかし、沖縄には自衛隊の飛行場が一つもないような現状としては、やむを得ぬことではないかと思っている次第である。

(江崎防衛庁長官)
現在返還される那覇空港が250万平方メートルという形になると、民間との共用においても、民間機が一日に大体三便程度という状況下ならば、現時点では共用は当然可能であると思っている。

■沖縄が返ってくるのであるから、県民の立場に立つならば、米側が受け入れぬというかもしれないけれども、広大な米軍基地を持って飛行場もたくさん持って使っているのであるから、そういうところを自衛隊と共用しろと、なぜ言えないのか。

(丹羽運輸大臣)
民間空港に支障をきたすようであれば、これは重大問題であるが、本土においても国土が狭い、飛行場が少ない点からして名古屋、仙台の空港は民間の飛行場であるが、自衛隊の供用を許している次第である。

また、自衛隊の管理している空港で、民間の飛行場として使用している場所も相当ある。そういうことであるから、感情問題もあるが民間空港の安全を第一に政府部内で協議してやっていけば、当分差支えないと思って同意した次第である。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。