2016年10月27日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(49)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(49)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

P3の撤去A
■沖縄が返還になると、P3の任務、飛行範囲は変わるのか。変わらなければ今まで通り認めるのか。

(防衛庁大西長官官房審議官)
那覇から普天間に移るということで、変わりはなく、対潜哨戒機が任務である。

(江崎防衛庁長官)
当然認めていくという形になるが、しかし、日米安保条約の条項に照らして何か疑義があるということであれば、交渉することもある。

■P3は日本側のどこかの基地に移転するという前提で話し合ってきたのか。

(外務省吉野アメリカ局長)
米側はP3が那覇空港から出る以上は、その代替の飛行場に移らなければいかぬ、こういうことを最後まで主張し、最終的に普天間に移る、こういうことに決まった。

これはあくまでも先方が那覇空港を空けるための条件だったわけだ。那覇空港からP3を移転させるために必要な費用はこちらが持つということをわが国は言い、P3の移転を強く要請した。

従って、その点からもこの交渉はこの条件で─条件というのか、われわれが代替施設を提供しない限り先方は出ない、こういうことである。

P3が日本その他の基地に行くということは、先方はもう絶対の条件であって、ともかく日本以外の地域にP3が飛び去るということは、先方としては初めから話にならぬ、ということである。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:29| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。