2016年11月02日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(52)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(52)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

P3の撤去D
■これは勘ぐれば、アメリカは当初から居座る気持ちがあったのではないか。それでなくても、ベトナム戦争の激化から那覇空港はそのまま使えるようにしらほうがいいという判断から、今になっていろいろ条件をつけてくるような感じがする。

条約及び関連した了解事項等で取り決めているこの那覇空港の問題は、アメリカ側も当然移転を考慮しなければならぬはずである。この点についてはどのような交渉をしたのか。

(外務省吉野アメリカ局長)
那覇空港からP3を撤去する件については、沖縄協定署名の一か月くらい前から米側と精力的に折衝し難航したが、結局P3の移転に伴う必要な諸施設を日本側でつくることを条件に先方はこれに応じたわけである。

その後、そのような諸施設の内容を照会してきたが、昨年の暮れ近くになりようやく米国はわが方に提示し、それに基づき本年度の予算を請求したわけである。

そのうち日時がせまり、わが方は復帰日までに最小限度の工事をするのでP3を撤去してくれ、その他の施設については追って工事を続けるということで交渉したわけである。

そして最終的に普天間のかさ上げ、嘉手納のエプロンその他の修理によりP3及び他の少数の海軍機を那覇から普天間に移すということで合意したわけである。しかし、予算の関係でこれらの工事が遂行できなくなった。そこで先方は現在、延びたついでであるからほかの工事も一緒にやってほしいと主張している。そこで目下先方とこの問題について調整中である。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:54| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする