2016年11月10日

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(58)

沖縄返還協定・復帰に伴う諸問題質疑応答要旨(58)
1971年10月〜12月:第67国会(臨時会)
●沖縄返還協定特別委員会
●沖縄及び北方問題に関する特別委員会

B52の再配備と原子力潜水艦寄港@
■ポラリス型潜水艦の寄港は本土では、核そのものであるから事前協議の対象となり、その場合日本政府は拒否するという見解であるが沖縄の場合はどうか。

(福田外務大臣)
ポラリス型潜水艦に限らず、いやしくも原子兵器を積載した潜水艦は、一切、沖縄といえども本土同様寄せつけない。

■B52の沖縄への駐留、発信は絶対にあり得ないか。

(福田外務大臣)
もしB52が沖縄にまた帰って来て、そこを基地として出撃するような事態があれば政府としては応諾をしないことをはっきり申し上げる。

■沖縄返還後、もしB52が嘉手納に再び舞い戻った場合、事前協議の対象にならぬか。

(外務省吉野アメリカ局長)
B52が沖縄ないし本土の基地に緊急避難とか故障で非常着陸した場合、日本の基地を使うことを妨げない。従ってこれは事前協議の対象とはならないと考えている。

しかし、直接日本の基地から発信してベトナム爆撃に向かう場合には明らかに事前協議の対象となるが、この点については政府として協議があった場合ノーということになっている。

例えば、北爆の後に何らかの理由で沖縄の空港に着陸する場合、一回限りであれば別に事前協議の対象としなくてもいいのではないかと考えている。

■一回限りならば事前協議の対象とならないが、二回以上は対象になるという見解か。

(外務省吉野アメリカ局長)
例えば、北爆後何らかの理由で沖縄に着陸した、しかもそれが一回限りであった場合には、これはすでに戦闘作戦行動が終わってから飛来したのであり、反復して沖縄の基地を戦闘作戦行動に使用するという事態は予想されないので、そのような場合には事前協議の対象にはならないと考えている。

posted by ゆがふ沖縄 at 01:11| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする