2016年11月15日

土人発言の本質(3)

土人発言の本質(3)
「自治は神話である」

今回はキャラウェイ発言を取り上げる。
米軍支配下の沖縄に君臨したキャラウェイ高等弁務官は、絶対的権力をバックに軍参謀的手法で直接統治、布令政治に乗り出した。

金門クラブ会員を対象に演説で沖縄の自治は「神話」であると発言し、「キャラウェイ旋風」を巻き起こし沖縄住民を恐怖に陥れた。

金門クラブとは米陸軍省後援による米国留学を経験した人たちの親睦団体である。初期の留学生たちは、軍輸送船で金門橋(ゴールデン・ゲート)をくぐったので、これにちなんで命名された。1947年7月にスタートし、施政権が返還された1972年までに支給された米留学奨学資金件数は1,110件、そのうち、博士号取得者は28人、修士号262人、学士号155人。

キャラエェイは1963年3月5日、ハーバービュークラブで演説した。金門クラブのメンバーに「自治は神話である」と促し、琉球住民の間でこれまで信じられている多くの神話を払拭するため、諸君の才能や説得力を活用せよと話した。君たちは琉球列島の指導者だと語った。米国民政府がカネを出して米国留学させた同志である。

琉球において自治とは何を意味し、また何を包含し、あるいは何を暗示しているかについて全般的に理解されていないと持論を展開した。

インドスタンの5人の盲人に1頭の象を吟味させ、象とはどのようなものであるか例示した。

象のしっぽを偶然つかんだ盲人は「象とは網のようなものである」といい、もう1人は象の太い足にふれて「象とは木のようなものである」といった。

3番目の盲人は、たまたま象の腹のところへ歩いて行って突き当り、「象とは壁のようなものである」といった。

キャラウェイは「自治」に対してもこれと同様だと語った。「自治」とは、自治政府を意味している。この定義を論理的に結論づければ、琉球列島における自治論者は、外部からいかなる抑制を一切受けない自治政府のことだ。これはとりもなおさず独立国家を意味する。

琉球住民は、独立国家を主張しているのであろうか。もし、ある人間が新聞で読むものや住民の代弁者だと自称する人々の言葉をそのまま信じるならば、自治の真の意味は著しく誤解されるであろう。

政治とは実際的な問題を処理していくことであって空想的な話や圧力団体がスローガンを叫ぶことではないのだ。

政治というものは可能なものを行う芸術であり、琉球において可能なことは、自治とはかなりかけ離れたものである。琉球列島においては、ある段階の政府から他の段階の政府に対して行われる責任の委任が存在するだけである。

もし私たちが事実を直視するならば、琉球においても、また行政上一区分を構成するいかなる地域においても自治政府はあり得ないという結論に到達した。

対日平和条約第3条で規定されているように、米国民政府の下で自治政府があり得ないと同様、1州、1省あるいは1県の場合でもそれは不可能である。

現在時点で沖縄において自治政府は架空のものであり、実在しないのである。そして、琉球の住民である諸君の自由意思で再び独立国家となる決定を下さない限り、将来においても自治は存在しないであろう。

キャラウェイは「植民地に自治はない」と断言したのである。


posted by ゆがふ沖縄 at 00:24| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする