2016年11月24日

嫌われた人間が大統領になる

嫌われた人間が大統領になる

米大統領選で共和党のドナルド・トランプ候補(70)が予想外の大勝利を収めた。Newsweek 11月10日号に、木村正人さんの大変興味深い記事が掲載されている。

<トランプの逆転勝利は、反グローバル化、反エスタブリッシュメントという意味ではブレグジットと同じ構図。職を奪われ人生を奪われた白人労働者の生存戦略だった>と解説する。

反グローバリゼーション、反エスタブリッシュメント(支配層)のドミノ倒しが続く米国。TPPについても記述している。

<トランプ大統領がこれまでの発言通り、環太平洋経済連携協定(TPP)や環大西洋貿易投資協定(TTIP)交渉、北米自由貿易協定(NAFTA)を破棄したら、すでに曲がり角を迎えている世界経済はさらに減速するだろう> 

安倍首相はどう対応するのだろうか?

<戦後、自由主義の価値を認めない米国の大統領が初めて誕生する>との解説もあった。

木村正人さんによれば、<製造業で213万人、建設業で84万人、農業に従事する自営業者21万人、非農業の自営業者88万人の仕事が失われた。肉体労働に従事する白人中年男性は次第に居場所を失っている>という。

人種差別発言や性差別発言を繰り返したトランプだが、勝利のツボは外さなかった。トランプ勝利の原動力は、グローバリゼーションで製造業の生産拠点が海外に移転し、仕事を失ったホワイト・ワーキングクラスだったと分析する。

このリポートを読みながら、トランプから何を学ぶのか。何が米国をうならせたのか。一癖も二癖もある嫌われた人物が大統領に上り詰めた。しかもトランプの生きざまは精彩鮮やかだ。

夢を現実にしたトランプ大統領。千載一遇のチャンスをものにする。超一流の生き方をする。カネの計算もしたたかなトランプ。米国はどんな運をつかむのだろうか?

逆療法で自分の弱点を克服した男。トランプの「徳」には理屈を超えた力がある。運をつかむ力も実力の一つだろうか。戦い抜く気骨の大統領に世界が注目する。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:02| 米軍基地・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする