2016年11月25日

■教育がないからこそ、教育のある人間を使え

■教育がないからこそ、教育のある人間を使え
〜自分の天性に目覚める〜

人生を見直す生き方にはいろいろある。教育絶対主義ではないということだ。私の知る限りでは、中学卒の社長が大学卒の人々を使って幅広く事業を展開している人がいる。

兆しを読む能力は教育とは関係ない。失敗、挫折を乗り越え、今では県内の経済界では著名な方である。人脈が人間を一回りも二回りも大きくする。

今から十数年前、沖縄国際大学で「沖縄の経済」を教えていた。還暦を迎えて沖縄国際大学に入学する女性がいた。その方は中学卒だったが大学卒の人間を多く雇っていた。人生の生き方に目覚め経営を長男に譲り、泊高校の夜間で高校卒の資格を取った。回り道をムダと思わず大学で学ぶ姿勢に感動した。自分の天性に目覚めたのである。

最近、人物伝を読む機会が多い。アメリカン・ドリームを実現した人で代表的な事例はデール・カーネギーである。

『D・カーネギー人生のヒント』を読んだ。訳者は高牧駿之介さん。貧乏で医者の手も借りず、助産婦の世話にもならず生まれた。貧乏のどん底からはい上がる。初めて働きに出た時の賃金は自給2セント。巨額の億万長者にのし上がり、鉄鋼王で知られている。

著書によれば、鋼鉄の製造は全く知らなかったという。彼は、それらのことを知っている人間を何百いや何千と雇ってうまく使いこなした成功物語を語る。

『教育のないからこそ教育のある人間を巧みに使いこなせ』名言である。
次の言葉はすごい。『金を残して死ぬのは侮辱だからね』・・・晩年は毎日百万ドルを各方面に寄付し続けていたという。『D・カーネギー人生のヒント』(高牧駿之介訳)

スコットランドの民衆詩人ロバートバーンズの詩はすべて暗読し、シェクスピアの『マクベス』や『ハムレット』それに『リヤ王』も『ロミオとジュリエット』も『ベニスの商人』も全編そらんじていた、という。

人生を見直す絶好の本である。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする