2016年12月16日

沖縄復帰特例(酒税)の政治利用(17)

沖縄復帰特例(酒税)の政治利用(17)
〜政治利用の不条理を突く〜

■国の責任「償い論」@
地域の振興開発は、県や市町村が担当すべきであるが、沖縄の振興開発は10年間の時限立法である「坤縄振興(開発)特別措置法」に基づいて国の責任で推進され、延長され50年間担保されている。

なぜ国の責任で坤縄振興を実施しているのか?沖縄振興法の立法趣旨は沖縄の歴史認識に基づいているからである。

そのひとつは、沖縄の置かれている特殊事情にある。沖縄は第二次大戦で甚犬な被害を受け、その後27年間も本土から切り離され米国の施政権下に置かれてきた。戦後、多年にわたり忍酎と苦難の歴史を歩んでこられた沖縄県民の心情に思いをいたし、県民に対する「償いの心」がベースになっているからである。

また、沖縄は本土から遠隔の地にあり、しかも多数の離島から構成されている離島県であることが他府県にない特殊事情とされている。こうしたことから生じた不利な条件、たとえば、本土に比べて非常に立ち後れている道路、空港、港湾などの産業基盤施設、あるいは医療・福祉などの生活関連施設などの基礎条件の整備を国の責任で実施しようとするものである。

もうひとつの理由は、沖縄の持つ不利性を克服しつつ、わが国の東南アジアヘの玄関口としての地理的利点と亜熱帯気候を活かし、豊かな労働力を利用して沖縄振興を図っていこうとする積極的な姿勢がある。この二つが沖縄振興法の立法趣旨である。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:01| 日本政府の復帰対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

沖縄復帰特例(酒税)の政治利用(16)

沖縄復帰特例(酒税)の政治利用(16)
〜政治利用の不条理を突く〜

■復帰対策の復帰対策の法律体系A
沖縄振興開発金融公庫法は、復帰後の沖縄の経済社会を再建するため、長期・低金利の資金を提供し、政策金融として民間経済を活性化するための法律である。沖縄振興開発金融公庫は、本上の日本開発銀行、国民金融公庫、住宅金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、医療金融公庫、環境衛生金融公庫等の業務を一元的に行う政策金融公庫として資本金702億円で沖縄復帰時に設立された。

振興開発事業は、財政を投下し社会資本の整備を目的としているが、政策金融は長期・低利金利で民間経済を袖完し、沖縄振興の歯車として、沖縄経済の活性化を図る役割を担う。長期資金の供給により住宅、農林水産業、中小企業者、医療施設など一般の金融機関からの借り入れが困難な場合に政策融資を貸し付けて産業開発促進を図る狙いがある。米軍統治下時代の琉球開発金融公庫(米国民政府設立)、大衆金融公庫(琉球政府設立)及び琉球政府の5特別会計の業務、資産、職員などを継承した。

沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律は、沖縄に本上の制度を復帰時に適用すると混乱を伴うので行政、司法、社会、経済などすべての分野において暫定措置・激変緩和策を定めた法律である。復帰ショック緩和として経済分野では沖縄の零細企業を保護するための税制の軽減措置、県民生活の安定を図るための消費生活物資の特例措置等を講じ、沖縄の制度を本土の制度へ円滑に移行するために立法化された。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| 日本政府の復帰対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

沖縄復帰特例(酒税)の政治利用(15)

沖縄復帰特例(酒税)の政治利用(15)
〜政治利用の不条理を突く〜

■復帰対策の復帰対策の法律体系@
沖縄復帰関連法律体系は、「沖縄振興開発特別措置法」「沖縄開発庁設置法」「沖縄振興開発金融公庫法」の開発三法と本土制度への移行を定めた「沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律」からなる。

沖縄振興開発特別措置法は、沖縄の特殊事情にかんがみ総合的な沖縄振興開発計團を策定し、振興開発事業などの特別措置を講ずる法律である。立ち遅れた社会資本などの基礎条件の改善並びに地理的・自然的特性を生かした沖縄の振興開発を図ることで住民の生活及び職業の安定、福祉の向上を図ることを目的とする。

復帰後、4次にわたる「沖縄振興(開発)計画」が内閣総理大臣によって、5次計画「沖縄21世紀ビジョン基本計團」が沖縄県知事によって策定され、高率補助、予算の一括計上で沖縄振興開発事業が実施されている。

沖縄開発庁設置法は、沖縄振興行政を一体的に推進する国の機関として国務大臣を長として設置された。開発庁の任務は、沖縄振興開発計團の作成、振興計画の実施に関する関係行政機関との総合調整及び推進に当たるとともに、沖縄振興開発の根幹となる社会資本の整備事業の経費を坤縄開発庁で一括計上し、各省庁に移しかえて振興事業を実施していることが特徴とされる。沖縄現地には、各省庁の出先機関を効率的に一元化し、県民の便益を図るために「沖縄総合事務局」が設置された。

沖縄開発庁は2001年1月6日、行政改革により消滅し、内閣府沖縄担当部局に吸収され、沖縄総合事務局は内閣府に引き継がれた。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| 日本政府の復帰対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする