2017年01月31日

日本政府「沖縄政策」を見つめて

日本政府「沖縄政策」を見つめて
〜崩れる沖縄振興の原点

那覇市与儀に日本政府の出先機関があった。米軍政下で唯一「日の丸」を掲げていた。日本政府南方連絡事務所(戦後処理)、日本政府沖縄事務所(財政援助)、沖縄北方対策庁沖縄事務局(復帰対策)と組織は変遷した。

日本政府のことを沖縄では「南連」と呼んでいた。日本政府の「代官所」という意味である。米軍と「日本政府」は治外法権的な存在だった。

1967年11月佐藤・ニクソン会談で本土・沖縄一体化政策を進め、沖縄住民の経済的・社会的福祉の増進を図ることが確認された。

1970年5月1日、沖縄北方対策庁沖縄事務局の看板が掲げられた。私は同局に採用され沖縄復帰対策を担当することになる。復帰対策とは日本と沖縄が差別のない一体化を図り、日本国民になることである。

沖縄復帰対策が本格化すると、日本政府の沖縄意識が初めて可視化されるようになった。

1972年5月15日、沖縄は念願の祖国復帰を果たす。前日の14日、沖縄北方対策庁沖縄事務局の看板が下ろされた。米軍政下で日本政府の役割を終えた瞬間だった。沖縄復帰対策はすべて完了したが感慨深いものがあった。復帰対策のカルテを見ながら励まし合ったことが懐かしい。

5月15日、祖国復帰を機転に新たな歴史の歯車が回った。旧日本政府職員は沖縄開発庁沖縄総合事務局に身分が引き継がれた。各省庁から優秀な頭脳集団が派遣された。彼らは返還後の沖縄振興に真剣に向き合っていた。

当時の沖縄総合事務局は情熱にあふれていた。初代沖縄開発庁長官・山中貞則氏は職員を激励した。

「27年間の異民族支配の歴史を償う」「復帰特別措置」「沖縄振興」「ドル切り替え」「戦後処理」について沖縄重視の姿勢を明示した。

ほんとうの沖縄の事情を知りたい・・・本土から派遣された職員は沖縄の歴史を学んでいた。県民生活についてずいぶん議論した。現実味を帯びていた。泡盛を飲みながら生命的「ビジョン」を語り合った。沖縄振興への責任と抱負の中に官僚の美学があった。

縦横無尽に走り回った。日本官僚のすごさを知った。土地に惚れろ! 仕事に惚れろ! 女房に惚れろ! 自治官僚の「サンボレ」精神を見た。官僚の本気度を肌で感じた。戦後の日本を動かしてきたのは官僚である。

復帰後の沖縄振興のレールを敷く。沖縄振興・・・我々がやらねば誰がやるか。沖縄総合事務局は沖縄振興の重力場であった。沖縄振興の台本を語り合った。

あれから45年・・・。今の沖縄はどうか? 官僚の沖縄を取り巻く環境は大きく変わり始めている。

この変化は何だろうか? その背後にあるのは何だろうか? 基地問題にせよ、沖縄税制にせよ、沖縄予算にせよ政治の見えざる手が沖縄に向いているのではないだろうか。

崩れる沖縄振興の原点、本土と沖縄の断層。沖縄に軋む基地問題、巧みな政治の手、意外な「実像」が見えてくる。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:46| ◆「時の動き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

権力と「肩たたき」

権力と「肩たたき」
―不正な振付師はいらない〜

1月27日付の沖縄タイムス記事を見て驚いた。幹部に促されて沖縄県病院管理局長・伊江朝次氏が知事あてに退職願を出したという。局長を交代させる県の人事方針が覆った昨年の余(よ)燼(じん)がくすぶっており、県幹部の圧力があったことが報道されていた。

縄張り争いのススメだろうか? 最近の沖縄県庁は摩訶不思議なことが多い。安慶田前副知事が教員採用試験で特定の受験者を合格させる口利きと、教育庁の幹部人事に介入して辞任した直後の出来事である。教員採用試験への政治介入。報道を見ると沖縄県政の危うい技巧と言わざるを得ない。不正の振付師はいらない。

権力の振る舞いは醜い。不毛な権力の行使は批判の対象になりやすい。

組織にとって権力の独占化が進むと、不信感が増幅する。組織では異説を唱えると肩たたきの「お手本」とされる例がある。肩たたきに合うと「孤立無縁」というのは現代官僚の一面かもしれない。

一方、幹部は退職後も天下りを繰り返し、色彩を強めて優雅な人生を歩む。沖縄県の外郭団体の長がその例だろう。権力の縦割り効果である。

国の機関に携わっていた時の話をする。基地受け入れの見返りに基地所在市町村に「島田懇談会事業」が実施された。1千億円の予算が担保された。金武町のキャンプ・ハンセン周辺に街灯が設置されることになった。

沖縄防衛局の職員が「島田懇談会」の委員をキャンプ・ハンセン前の外人相手の「ナイトクラブ」に案内するという話が舞い込んできた。那覇から金武町まで案内のためタクシー券1冊の提供依頼があった。夜の飲酒が目的だ。沖縄防衛局が案内するからタクシー券は沖縄総合事務局で負担してくれという。即刻断った。甘える側の体質を疑った。国民の税金である。後日、このことが幹部に伝わり叱責されたことがある。今の時代には考えられない感覚である。

防衛官僚の処世術に裏技はつきものだろうか? 不信を生む機略もある。おかしいのはおかしいと言わねばならない。行政のテクノクラートは崩れている。

内では見えなかった問題点が外からよく見える。目標なき時代・・・陳腐化した行政(天谷直弘の官僚論)に同感する。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

問題を見誤った「口利き問題」

問題を見誤った「口利き問題」
〜隠れた事実「何が正しいか」〜

安慶田前沖縄県副知事が口利き問題で諸見里明前教育庁を刑事告発した。1月26日、NHKの全国放送を見て驚いた。県内のテレビ局も放映しているが、泥沼化した醜態に県民はどのように受け止めているだろうか。

県民とかけ離れたところで教員採用試験の口利き問題が司法闘争に入るのだろうか。非生産的な行政の醜態を駆り立てるのは何だろうか。

複数の具体的証言が明らかになっているが、安慶田氏は否定する。一般的な問題としての理解を欠き、その場しのぎの記者会見を見ると、安慶田氏の癖、習慣、人間の気質を映し出している。発言内容はマスコミ報道と大きくかけ離れている。

1月26日の琉球新報電子版によれば、「安慶田光男前副知事による教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入があったと諸見里明前教育長が文書で証言したことを受けて、安慶田氏は26日午前、県政記者クラブで会見し「前教育長の文書記載や同様の説明は事実ではなく、このようなつくり話で名誉を侵害され、耐え難い苦痛を与えられたことから、前教育長を名誉毀損罪で刑事告発した」という。

「諸見里前教育長は県教育庁に提出した文書で、2015年8月ごろの教員採用試験での口利きや15年1月と16年1月の教育庁幹部人事への介入について、自身が副知事室に呼ばれて依頼を受けたことや、受験者のメモを渡されたことなど詳細を告発している」(1月26日琉球新報電子版)

1月26日NHK午後7時の全国放送は、那覇地検に告発した理由を 「つくり話で名誉を侵害された」と安慶田氏の発言を流していた。

1月26日の安慶田光男前副知事の記者会見の模様を各テレビ局は放映していた。県教育庁の幹部人事を巡っては「教育関係者の要望を前教育長に伝えた記憶は、わずかながらある」と述べ、介入を事実上認めた発言が飛び出した。

前教育長は受験者のメモを渡されたことなど詳細を告発しているが、安慶田氏は「つくり話」と刑事告訴の理由を述べた。コミュニケーションの言葉としては、県民はどう受け止めるのだろうか。

ソクラテスは「大工と話すときは大工の言葉を使え」と説いたが、受け手が期待するものを知ることなく、コミュニケーションを行うことはできない。具体的証言が明らかになっているが、「つくり話」という言葉は、受け手の期待を破壊し、予期せぬことが起こりつつある、と思うがいかがだろうか。

■ドラッカー名言集に次の言葉がある。
「問題を見誤ると失敗する」
「誰が正しいかではなく、何が正しいか」

*つくり話という言葉は本質を見誤っていると思うが・・・。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:10| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする