2017年01月01日

■2017年 新年を迎えて

■2017年 新年を迎えて
〜沖縄の未来は沖縄が決めよう〜

2017年が明けた。今年の干支は酉。丁酉の”丁(ひのと)”は、十干の4番目になり、陰陽五行説では火性の「陰」に割り当てられているという。

どんな年になるだろうか? 昨年は普天間飛行場の辺野古移設で揺れ動いた年だった。権力による新基地建設。県民への土人発言。災厄だった。混乱と悲苦、忍土の蹉跌。それでもあなたがいる。あなたが生きる。沖縄人は歩む。どうして悲しみを避けられないのか。どうして国防で国家の犠牲にならねばならないのか。沖縄に生まれてきたからか。

不条理な国家の顕現に明け暮れた1年が去った。今年は果てしなく明日につながる年でありたい。

干支は酉年・・・日本では「ひのと」(火の弟)とも言われるという説がある。 丁の字は、釘から来ており、「安定する」 という意味があるという。

また酉年の”酉”は、「酒」に関する時に用いられ、収穫した作物から酒を作る、また収穫できる状態である、という意味から「実る」 という意味もあるともいう。

沖縄はどうだろうか? 辺野古新基地が本格化する。不気味な予感がする。丁の「安定する」、酉の「実る」という意味とは真逆で丁(火)と酉(金)は陰陽五行説では相克の関係 になるだろうか。

相克の年? 辺野古で新たな対立・矛盾が予想される。五行(ごぎょう)説で、木は土に、土は水に、水は火に、火は金に、金は木にそれぞれ剋(か)つとされることを五行相克と言うらしい。

火は金を溶かすという。丁の「安定する」、酉の「実る」の意味が打ち消しあう。沖縄を占っているようだ。

2017年は九星気学でいうと”一白水星” が支配する年だという。

一白水星とは、苦労と困難を暗示するという。辺野古の新基地建設は本格化するだろう。見えないところで、沖縄を脅かすことが予想される。

辺野古で、高江で今、何が起こっているのか。目を覆いつくす不条理、国家権力。けれども県民はたくましい根をひとつにする。美しい国・日本というが、沖縄から見れば醜い国家である。

道なき地点に立って辺野古新基地に反対する人々がいる。自治を求めて響働する人々もいる。この根源的な問いかけに耳を傾けたい。沖縄県民は、かけがえのない力を持っている。

2017年、沖縄が平安な年であるよう、托身の祈りをささげよう。沖縄の未来は沖縄が決めよう。沖縄は米国や日本政府のためにあるのではない。沖縄のためにあるのだ。遥かなる願いをかなえる年でありたい。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:03| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする