2017年01月04日

新春を仰ぐ「琉球王国の栄華」A

新春を仰ぐ「琉球王国の栄華」A
〜首里城で沖縄を考える〜

琉球国王の聖寿を祝い、王国の繁栄を祈る儀式があった。朝之御拝(ちょうぬうぬふぇ)というものだ。琉球王国を知り、戦後の苦難な歴史を思い浮かべ、沖縄の今を考える機会となった。

朝之御拝(ちょうぬうぬふぇ)─念頭に当たり琉球人が国王の聖寿を祝い、琉球王国の繁栄を祝う。沖縄は独立した王国だったのである。

琉球王国には、「大通り(おおとーり)」という儀式がある。国王をはじめ諸臣が順々にお祝い酒「泡盛」の杯を回し飲みし、国王が朝賀に出席して諸臣を祝福したことに感謝する。国王と王子、王孫の繁栄を祈る儀式だ。

観光客に甘酒がふるまわれた。未生に響きがある儀式が続いている。琉球国には光があったことを知る。琉球の新たな世界を知った。

今の沖縄はどうか。米軍基地に苦しみ、悲しみ、途切れのない災厄。見るに耐えぬ人々の不幸がある。琉球王国から忍土・沖縄へ変わった。

首里城で歴史の顕現を見た。沖縄返還とは何であったのか。日本復帰という仮面の下で基地の島・沖縄は忍土の定めか。立ち止まって首里城で琉球の踊りを見て考えた。文化は政治に勝る。外国から、本土からの観光客は首里城に潜んでいる沖縄の文明の姿を見たと思う。そこには遥かなる時の流れがあった。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする