2017年01月05日

新春を仰ぐ「琉球王国の栄華」B

新春を仰ぐ「琉球王国の栄華」B
〜首里城で沖縄を考える〜

首里城で見る琉球舞踊の響きは心にしみる。苦難の歴史の中で文化が芽生えた。人々はすべてを忘れて、地上に生きる喜びを知る。文化は試練を克服する。

沖縄の古典舞踊「かぎやで風」が首里城で披露された。祝賀の時の座開きとして踊られる祝賀舞踊だ。数ある古典舞踊の演目の中でも、最も敬愛され親しまれている。人生の喜びを朝露を受けた「つぼみの花」が開こうとしている風情にたたえ、自然のみずみずしい表現は素晴らしい。

琉球王国時代、中国からの使節である冊封使(さっぷうし)歓待を芸能でもてなした。琉球王国は貿易で栄えた。そうして琉球舞踊が発展し、古典舞踊または宮廷舞踊の花が開いた。

古典舞踊は、老人踊、若衆踊、女踊、二才踊、打組踊に分類される。廃藩置県後、舞踊に心得のある士族が芸で身を立てようと那覇で興行を始めたことから沖縄芝居がスタートする。その中から生まれた庶民の踊りを「雑(ぞう踊り)という。解説付きの琉球舞踊を堪能した。

青空の首里城に「四つ竹」の舞に外国人がうなった。基地問題で取材に来た英国人だ。琉球舞踊は外国人の心を結ぶ。真実の沖縄を知ったという。沖縄を知る鍵を手にしたのではないか。

南国沖縄の美を象徴する「花笠」をかぶり、「紅型衣装」と手には「四つ竹」を打ち鳴らし踊る祝賀舞踊。沖縄の文化が結晶する新年の幕開けにふさわしい。首里城は遥かな文化の旅へと誘ってくれた。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:00| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする