2017年01月27日

問題を見誤った「口利き問題」

問題を見誤った「口利き問題」
〜隠れた事実「何が正しいか」〜

安慶田前沖縄県副知事が口利き問題で諸見里明前教育庁を刑事告発した。1月26日、NHKの全国放送を見て驚いた。県内のテレビ局も放映しているが、泥沼化した醜態に県民はどのように受け止めているだろうか。

県民とかけ離れたところで教員採用試験の口利き問題が司法闘争に入るのだろうか。非生産的な行政の醜態を駆り立てるのは何だろうか。

複数の具体的証言が明らかになっているが、安慶田氏は否定する。一般的な問題としての理解を欠き、その場しのぎの記者会見を見ると、安慶田氏の癖、習慣、人間の気質を映し出している。発言内容はマスコミ報道と大きくかけ離れている。

1月26日の琉球新報電子版によれば、「安慶田光男前副知事による教員採用試験への口利きと教育庁幹部人事への介入があったと諸見里明前教育長が文書で証言したことを受けて、安慶田氏は26日午前、県政記者クラブで会見し「前教育長の文書記載や同様の説明は事実ではなく、このようなつくり話で名誉を侵害され、耐え難い苦痛を与えられたことから、前教育長を名誉毀損罪で刑事告発した」という。

「諸見里前教育長は県教育庁に提出した文書で、2015年8月ごろの教員採用試験での口利きや15年1月と16年1月の教育庁幹部人事への介入について、自身が副知事室に呼ばれて依頼を受けたことや、受験者のメモを渡されたことなど詳細を告発している」(1月26日琉球新報電子版)

1月26日NHK午後7時の全国放送は、那覇地検に告発した理由を 「つくり話で名誉を侵害された」と安慶田氏の発言を流していた。

1月26日の安慶田光男前副知事の記者会見の模様を各テレビ局は放映していた。県教育庁の幹部人事を巡っては「教育関係者の要望を前教育長に伝えた記憶は、わずかながらある」と述べ、介入を事実上認めた発言が飛び出した。

前教育長は受験者のメモを渡されたことなど詳細を告発しているが、安慶田氏は「つくり話」と刑事告訴の理由を述べた。コミュニケーションの言葉としては、県民はどう受け止めるのだろうか。

ソクラテスは「大工と話すときは大工の言葉を使え」と説いたが、受け手が期待するものを知ることなく、コミュニケーションを行うことはできない。具体的証言が明らかになっているが、「つくり話」という言葉は、受け手の期待を破壊し、予期せぬことが起こりつつある、と思うがいかがだろうか。

■ドラッカー名言集に次の言葉がある。
「問題を見誤ると失敗する」
「誰が正しいかではなく、何が正しいか」

*つくり話という言葉は本質を見誤っていると思うが・・・。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:10| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする