2017年02月21日

ボブ・ディラン「風に吹かれて」

ボブ・ディラン「風に吹かれて」
〜人はどれ位の道を歩めば、人として認められるのか〜
 
ノーベル文学賞に輝いたボブ・ディラン。アメリカの輝かしい歌曲の伝統の中で、新しい詩的表現を生み出してきた。

ボブ・ディラン「風に吹かれて」の歌詞が沖縄と重なる。人はどれ位の道を歩めば、人として認められるのか。

白い鳩はどれ位海を乗り越えれば、砂浜で休むことができるのか。

どれ位の砲弾が飛び交えば、永久に禁止されるのか。人々は何年経てば、自由の身になれるのか。答えは風に吹かれている。

ボブ・ディランは時代や体制への糾弾に始まって、シュールな心象風景や関係性や朴訥な愛を歌った。おびただしいほどの情景と心象、そしてイメージを紡ぎ出している。

沖縄に吹く風はどうか? 辺野古で、高江で権力の風が吹いている。大阪県警の警察が基地に反対する沖縄県民を土人と呼んだ。松井一郎大阪知事と鶴保庸介沖縄担当大臣がそれを擁護した。

昨年暮れに元毎日放送記者・西村秀樹さんと那覇市栄町の居酒屋で泡盛を飲み機会があった。

「沖縄土人発言は植民地意識だ」。「差別を許さないという姿勢を明確に打ち出すべきだ」・・・西村さんの言葉が心に残る。

ボブ・ディランの言葉に共感する。「世の中で一番の悪党は、間違っているものを見ても、それが間違っていると頭でわかっていても、目を背けるやつだ」

辺野古新基地を巡り国が沖縄県を訴えた裁判で、県側が敗訴した。最高裁は弁論を開かず、自治侵害の訴えを棄却した。最高裁判決は県民との隔たりが大きい。沖縄から民主主義を奪い去る判決だ。行政に追随した司法判断に失望を禁じ得ない。色褪せた司法の姿があった。

人々の悲しみが聞こえるのか・・・ボブ・ディランがしゃがれた声で淡々と歌う歌詞は今の沖縄にもつながる。

* * *
辺野古で、高江で、生きるために苦しむ人がいる。沖縄戦を生き抜いた古老の姿を見るのがつらい。生きるために傷つき、それでも故郷を守る・・・・。苦悩は深い。母なる辺野古の海が泣いている。

ボブ・ディラン「風に吹かれて」を聴きながら沖縄の平安を求める。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:42| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする