2017年04月10日

沖縄予算一括計上の本質㉜

沖縄予算一括計上の本質㉜
〜敗戦後の財政援助から沖縄予算へ

第2次振興計画は、1982年から10年間単純延長された。計画の目標、基本方向は全く同じである。基本方向で「地域特性を活かした国際交流の場に形成」が新しく盛り込まれただけだ。部門別推進方針は「観光レクリェーションの振興」「国際交流の場に形成」が追加された。

「国際交流の場の形成」が盛り込まれたのは、たしか琉球大学教授・山里将晃教授が米国の事例を持ち出し、沖縄発展戦略として国の専門委員会で主張していたと思われる。教授は西銘県政の政策ブレーンとして、沖縄県振興開発審議会の会長も務めていた。

専門委員会座長・山里将晃教授と札幌に出張したことがあるが、沖縄の国際化の構想に情熱を燃やしていた。当時、私は沖縄総合事務局で専門委員会の事務を担当していた。札幌のホテルのラウンジで夜景を見ながら沖縄の発展戦略として、コンベンションによる自立的発展の必要性を説いていた。酒は一滴も飲めない山里先生が初めて赤ワインを手にしていた。

コンベンションシティによる情報機能の強化、国際会議の誘致、交通体系の整備等で沖縄振興の起爆剤、沖縄振興の「顔づくり」、シナリオを聴く機会があった。

沖縄発展の新たな戦略として経済的な視点、沖縄の優れた人間環境の中から交流の場を創出してゆく発想は、情報化、国際化という時代の潮流を背景として、1987年「沖縄コンベンションセンター」として実を結ぶことになる。

隣接地にはビーチ、マリーナ、体育館、リゾートホテルがある。コンベンションはアジアと沖縄を結ぶノウハウだったのだ。

沖縄の活力をコンベンションに求める。沖縄の国際化を先読みする。アジアの中に沖縄を位置付ける。2次振興計画の行政に携わり、本質的な議論を聴き、戦略的反射神経を見た思いがする。

* * *
日曜の夜に想う。花咲く4月、自宅の木の芽はいくつか開いている。このブログを書きながら、2階の窓から南風原町方面の夜景を見つめているとさわやかな風が入り込む。斜面の光のライトがよく似合う。赤ワインを片手に、野中郁次郎他著『戦略の本質』に目を通し、感動する。

「戦略とは、何かを分析することではない、本質を洞察しそれを実践すること」
『戦略の本質』〜歴史に学ぶ逆転のリーダーシップ〜(日経ビジネス文庫)

小池百合子・東京都知事の愛読書『失敗の本質』(中公文庫)をこれから読もうと思う。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:08| 宮田裕の「沖縄振興論」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする