2017年05月05日

検証・沖縄大使(10)

検証・沖縄大使(10)

(歴代の沖縄大使と沖縄の動向)
■初代大使・原島秀毅[1] 任命1997年2月14日
在任期間1997年2月14日〜1999年5月11日

(基地問題の動向)
1997年4月18日、比嘉名護市長が普天間飛行場代替海上施設に係る調査について受け入れを表明。5月1日、キャンプ・シュワブ沖の調査開始。

11月5日、久間防衛庁長官から、海上ヘリポート基本案を名護市、沖縄県及び漁業関係者に対し、協力を要請。

11月21日、沖縄復帰25周年記念式典開催。橋本総理が式辞で「沖縄経済振興21世紀プラン」策定を表明。

12月6日、村岡官房長官訪沖、北部振興策を地元に説明。8日、鈴木沖縄開発庁長官訪沖、北部振興策(沖縄開発庁分)を地元に提示。PR活動に沖縄総合事務局職員が動員。

12月8日、米軍普天間飛行場の返還に伴って海上基地(ヘリポート)を名護市沖(辺野古)に建設することの是非を問う住民投票実施。
有効投票数30906票(賛成:14267票(46.16%)、反対16639票(53.84%)

12月24日、橋本総理・大田知事会談(17回目)。橋本総理・比嘉名護市長会談、比嘉市長は海上ヘリポートの受け入れを表明。

12月25日、比嘉名護市長、記者会見を行い、海上ヘリポートの受け入れと市長辞任を正式に表明。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:39| ◆「時の動き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする