2017年05月16日

検証・沖縄大使(16)

検証・沖縄大使(16)

(歴代の沖縄大使と沖縄の動向)
■4代大使・沼田貞昭[1]任命2003年1月17日
在任期間2003年1月17日〜2004年12月7日

沼田貞昭沖縄大使は2003年1月31日、外務省沖縄事務所で着任会見し、米軍の事件・事故防止について「具体的な対策を取り、効果を上げたい」と述べた。在沖米軍と県、国を交えた三者協議会やワーキングチームを通し、対策に積極的に取り組む決意を示した。(2003年2月1日付・琉球新報)

琉球新報の報道によれば、沼田大使は「米軍の若い兵士が日本、特に沖縄の歴史やそこに根差したいろいろな環境を理解し、尊敬することが必要だ」と述べ、地元と米軍、政府との「橋渡し」をしていくことを強調。「沖縄を国際交流の一つの拠点として振興する手伝いができるのではないか」とも述べ、国際会議の誘致や人材育成にも力を入れていく考えを示した─という。

沖縄に寄り添う大使と思っていたが、離任あいさつでは、沖縄を軽蔑した大使であった。沼田大使着任後の沖縄の政治情勢を見てみよう。

2003年12月18日「第12回北部振興協議会」、「第9回移設先及び周辺地域協議会」が開催された。翌19日、「第2回代替施設建設協議会」において代替施設建設に係る事業の進捗状況について協議。

普天間飛行場移設に伴い、北部振興事業も2000年度から毎年100億円が執行されるようになった。北部振興事業と辺野古移設はリンクする。「普天間飛行場の移設に係る政府方針」は1999年12月28日閣議決定。これに基づき、北部地域の振興策への特別予算として2000年度予算に100億円計上。おおむね10年間で1000億円の特別予算の確保である。
posted by ゆがふ沖縄 at 00:04| ◆「時の動き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする