2017年05月24日

検証・沖縄大使(21)

検証・沖縄大使(21)

(歴代の沖縄大使と沖縄の動向)
■12代大使・川田司[2]任命2016年6月3日

川田大使着任後の沖縄は、すでに述べたが米軍族による強姦致死・殺人及び死体遺棄事件があった。在日米軍のMV-22オスプレイが墜落した。

川田大使は、沖縄にどのように向き合ってきたのか。沖縄担当大使は、沖縄県からの要望等を踏まえ、1997年2月から任命されている。

沖縄に駐留するアメリカ合衆国軍隊に関わる事項等についての沖縄県民の意見及び要望を聴取し、これを外務省本省に伝えるとともに、必要に応じ、米軍等との連絡・調整を行う等の業務に従事していることが仕事である。(2015年九9月25日・鈴木貴子衆議院議員に対する政府答弁書)。

川田大使の言動を見ると、存在意義はない。3月30日、普天間飛行場の5年以内運用停止を要請するために訪れた沖縄県議会議員団に対し、政府が対米交渉をしたかは「私も知らない」とし、「辺野古移設が県民のためになる」と述べた(3月31日付・琉球新報)

運用停止に向けた外務省の取り組みについて、「知らない」と川田大使が発言したことに、「翁長知事が統治者能力がない」と指摘しているが、川田大使は「自ら証明する発言だ」と皮肉った報道もなされた。

川田大使は主張の説得力を完全に失ってしまっている。外交官として信ぴょう性を揺るがす発言と言わざるを得ない。

沖縄は基地で食っているとの認識も示したが、認識不足も甚だしい。沖縄の基地負担については、「沖縄経済の4兆円の所得のうち、2兆円は本土からの移転経費だ」と基地負担の見返りに経費が入っているかのように反論した。琉球新報報道に接し、驚愕した。

煌びやかな肩書を持つ沖縄大使。間違った沖縄認識で色をなして県議会代表団に反論する一幕。県議会代表に対する対応は、失礼じゃないか。

沖縄から見た視点がまったくない。このバランス感覚のなさは何だろう。


posted by ゆがふ沖縄 at 00:13| ◆「時の動き」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。