2017年05月31日

半世紀後の沖縄振興計画はあり得るのか(4)

半世紀後の沖縄振興計画はあり得るのか(4)

離島県・沖縄には13の空港がある。国管理空港として那覇空港があり、地方管理空港は12ある。国管理空港とは、国際航空有輸送網または国内空港輸送網の拠点となる空港で国土交通大臣が管理する。

地方管理空港とは、国際空港輸送網または国内空港輸送網を形成するうえで重要な役割を果たす空港をいう。空港管理者は沖縄県だ。

国管理空港は「那覇空港」で沖縄県管理空港は、@宮古空港、A新石垣空港、B久米島空港、C与那国空港、D南大東空港、E北大東空港、F多良間空港、G伊江島空港、H波照間空港、I粟国空港、J下地島空港、K慶良間空港である。

2017年5月24日付の沖縄タイムス報道によれば、那覇空港の旅客数は2016年度2000万人超えたようだ。予測値は2020年度の予測値は1850万人であったが、これを大幅に上回ったことになる。

那覇空港を離着陸する航空機の乗降客数(速報値)は2016年度、前年度比8.0%増で過去最高の2003万6318人に上った(大阪航空局発表)。

大阪航空局と沖縄総合事務局、県でつくる「那覇空港調査連絡調整会議」が06年7月の報告書で予測した「2020年度に最大1850万人」だった。

那覇空港ビルディングは、外国人観光客の増加を背景に乗降客が今後も増えるとみて、国内線ビルと国際線ビルを結ぶ連結ターミナルのオープン時期を当初予定の2020年3月から19年1月に前倒し、利便性向上を目指すという。

現在、国内線ビルと国際線ビルの間約170メートルを結ぶ連結ターミナルが工事中であるが、国際線チェックインカウンター40ブース新設され、国内線チェックインカウンターのスペースも増えるようだ。

5月23日、東京・沖縄同時中継で内閣府大臣官房審議官・古谷雅彦氏の講演会を聴く機会があった。県選出衆議院議員(郵政民営化・防災担当大臣経験者)が主催した勉強会であった。私にも声がかかった。

古谷審議官は那覇空港国際線ターミナル地域再編事業について「国際線需要の増加による混雑及び増設滑走路の供用により増加が見込まれる航空需要へ対応するため、エプロン拡張国際線ターミナルビルの機能向上(CIQ施設)等に必要な整備」である、と説明していた。



posted by ゆがふ沖縄 at 01:05| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。