2017年06月30日

半世紀後の沖縄振興計画はあり得るのか(26)

半世紀後の沖縄振興計画はあり得るのか(26)

■返還軍用地の跡地利用[3]
〇キャンプ瑞慶覧(ハンビー飛行場地区)38.2ヘクタール
米軍ハンビー飛行場はキャンプ瑞慶覧の一部(国道58号線西側部分)で長さ1035メートル、幅30メートルの滑走路を持ち、普天間飛行場と連動していた。海兵隊ヘリの離発着訓練を実施していたが、1976年全面返還された。

返還跡地42.5ヘクタールは、1990年に北前土地区画整理事業が完了し、北前及び北谷地区を形成。

(北前地区区画整理事業の概要)
・事業実施:1984年3月〜1990年3月
・事業面積:約42.5ヘクタール
・総事業費:24億8000万円
・施行者:北谷町

跡地であるハンビー地域は、土地区画整理事業終了後1971年ごろから急速に商業地域として発展。

土地区画整理事業終了後、北谷町が安良波公園の整備をするとともに、地区北側のアメリカンビレッジ構想による街づくりにより観光・商業集積が進行。

沖縄県の調査によれば、桑江・北前地区の返還後の整備による直接経済効果は498億円。活動による経済効果は返還前の3億円から返還後は336億円と108倍に拡大。

(区画整備による経済波及効果)
生産誘発額498億円、所得誘発額801億円、雇用誘発6408人、税収効果57億円。

(活動による経済波及効果)
生産誘発額は返還前の3億円から返還後は330億円と110倍に拡大。所得誘発額は返還前の0.9億円から返還後は83億円と83倍に拡大。雇用誘発は25人から3377人へ135倍に拡大。税収効果は返還前の0.4億円から返還後は40億円と94倍に拡大。

posted by ゆがふ沖縄 at 00:03| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。