2017年07月06日

半世紀後の沖縄振興計画はあり得るのか(28)

半世紀後の沖縄振興計画はあり得るのか(28)

■沖縄科学技術大学院大学(OIST)
〜沖縄予算1739億4000万円投入〜

沖縄において世界最高水準の教育を行うことにより、@沖縄の振興と自立的発展、A世界の科学技術の発展に寄与することを目的とする。

根拠法令は、沖縄振興特別措置法(平成14年法律第14号)、沖縄科学技術大学院大学学園法(平成21年法律第76号)。

大学院大学の設置主体として、特別な学校法人「沖縄科学技術大学院大学学園」が設立された。同学園法は、沖縄振興の観点から国が特別な財政支援を行うと規定。

学部の壁のない組織(単一の研究科・専攻)。5年一貫性の博士課程のみで教育研究は英語で行い、学生・教員の半数以上は外国人となることを想定。

期待される沖縄振興への効果は、@科学技術の国際的な拠点の形成、A産学の相互連携システムの形成、B科学技術に関する人材の育成─等である。

教員58名(うち外国人38名)を含め、約40の国・地域から440名が研究に従事している(2017年1月時点)。

2012年9月に開学。第1〜5期生を合わせて134名(うち外国人111名)の学生が在籍(2016年9月時点)。

教員は、採用時及び原則5年ごと、外部の評価委員会により世界的に高いレベルでの基準で評価される。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の予算
*国家戦略的な大学であるが予算は内閣府沖縄担当部局予算を充てている。
2005年度から2017年度までに沖縄振興予算1739億4000万円が投じられている。

 2005年度 31.6億円
 2006年度 76.8億円
 2007年度 87.0億円
 2008年度 195.7億円
 2009年度 112.3億円
 2010年度 133.1億円
 2011年度 118.8億円
 2012年度 148.2億円
 2013年度 102.6億円
 2014年度 206.2億円
 2015年度 192.5億円
 2016年度 167.3億円
 2017年度 167.3億円


posted by ゆがふ沖縄 at 00:53| 大学の窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする