2018年03月16日

■文科省「前川氏授業監視」

■文科省「前川氏授業監視」
〜権力の中枢に巣ぐう「魔物」〜

今度は文部科学省が暴走。文科省前事務次官・前川喜平氏の公立中学での授業について、文科省が授業の経緯等を市の教育委員会にメールで問いただした。メールでは、前川氏が天下り問題で辞任したことや、出会い系バーの店を利用していたと個人を誹謗中傷。品性を欠く文科省メール。権力による教育現場介入。
前川氏にどういう判断で授業を依頼したのか、その経緯など15項目について具体的に回答を求めたと報道されている。

録音テープの提出を求めるなど常軌を逸脱している。文科省教育課程課長・渕上孝氏は「対応に問題はない」と発言。可視化されて報道されているが、国家主義者の官僚の横柄な態度をテレビで見て驚愕した。時代を映す文部科学省の醜態。

隠ぺい疑惑の財務省に続き、教育現場へ過剰干渉する文部科学省。権力の中枢に巣ぐう「魔物」だろうか。官僚のモラル崩壊。官僚が民主主義を誤る。とりわけ、気がかりなのは、このような官僚を放置している「政治」の責任ではなかろうか。

安倍政権は、一転陰りが出始めている。政権の土台に限りない疑問が湧く。この国の精神性の核(コア)が何なのかが問わねばならない。
posted by ゆがふ沖縄 at 17:40| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■政権、昭恵氏を死守

■政権、昭恵氏を死守
〜網の目をすり抜ける安倍政権〜

「天の声」で改ざんさせられた職員は自殺。死に追い込まれたが、それでも昭恵夫人をかばう。前国税庁長官・佐川宣寿氏の証人喚問で幕引きを図る?

昭恵夫人に「火の粉」が掛かるのを必死に振り払う。網の目をすり抜ける「安倍拡大鏡政権」。「不遜」というそしりを免れない。政治責任は不問。問題の根源を見失っていないか。

見るに堪えない。自己都合が過ぎよう。

財務省の文書改ざんについて、3月13日付・毎日新聞電子版によれば、文部科学省前事務次官・前川喜平氏は「役所の人間が自ら判断したとは思えず、政治的な力が働いたと考えざるをえない」と指摘する。

日本の政治は多くの「濁流」にのみ込まれている。政治家の「モラルハザード」がむなしく響く。
posted by ゆがふ沖縄 at 17:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。