2011年11月20日

「沖縄の優位性を生かせ」

シリーズ 「沖縄経済の特異性はどうしてつくられたか」−(9)

<「沖縄の優位性を生かせ」>

 沖縄は経済問題を「政治」で語り、要請、陳情行政で問題解決を図ってきた。特別措置、高率補助等で国に依存してきた。自立経済を構築する沖縄振興策は生産・需用創出、新規ビジネスの開拓等、経済の成長戦略となり得ていない。

 沖縄に活力をもたらすのは「ものづくり」・「文化」の産業化である。比較優位としては、未利用植物と有用微生物による発酵技術を組合せたサプリメント開発、海洋資源を利用した自然海塩、ニガリの新分野の産業化、月桃から化粧品開発等が考えられる。醸造副産物(泡盛、蒸留粕、ビール酵母等)の再利用、健康食品など資源活用型新技術開発は有望と思われる。


 音楽・文化の産業化で沖縄が注目されている。沖縄発音楽・映像等の産業化、かりゆしウェアーのデザイン開発等は成長産業になり得る。
 

 健康・長寿・癒しは沖縄の比較優位の分野である。沖縄の特性は長寿・癒しであり、いつでも誰でも体験できる亜熱帯ヘルシーリゾートに特化した健康の産業化は、他域ではまねのできないユニークな分野である。健康長寿県として沖縄の伝統食品、薬草等の健康食品は成長性の高い産業であり、沖縄のポテンシャルはそれに十分こたえられる。


 近年、アジアの食に貢献する沖縄が見直されてきた。中国産野菜の農薬使用で、アジア主要都市は食に対する不信・不安が高まっている。アジアの市場を新たに取り組み、沖縄からシンガポール、香港等アジア市場へ安全・安心な沖縄野菜・食材を供給することはアジアの食に貢献することになる。


 観光・リゾート分野では、東アジアの富裕層をターゲットにすることで沖縄観光の魅力アップが図られる。07年度に沖縄を訪れた観光客は589万人であるが、そのうち外国人観光客のシェアはわずか3%(約19万人)である。アジア市場は潜在需要が高い。09年春に沖縄本島の主要港湾である那覇港には10万トンクラスのクルーズ船バースが暫定供用される。台湾や中国沿岸部に近い地理的特性を生かし、アジアの富裕層をターゲットにした観光戦略で新たな観光需要の換記が期待されている。

posted by ゆがふ沖縄 at 01:28| Comment(0) | 沖縄経済の特異性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: