2012年06月03日

櫻井溥「沖縄を語る」(26)

◎沖縄復帰40年特集

第3部 櫻井溥「沖縄を語る」(26)


(ドルショック:そのC)

 実は、この間大臣と副主席は極秘に最後のダメ押しをやっていたのである。そして、ついにその対策が日琉同時に発表になった。そしてアッと驚いた。朝日新聞のスクープが、ほとんど間違いなかった。

その概要を記す。


1 沖縄住民が有している純資産の実態を個人別に確認する。現金は紙幣と貨幣について全県下でこれを確認し、確認を受けた通貨については、復帰後において1ドル360円になるよう、見舞金(実質補償金)を支給する。


2 紙幣の確認は重複確認を避けるため、紙幣の片隅に未使用の琉球政府の切手(西表島を描いたもの)を貼る。

3 預金と借入金を相殺した純資産については、この日から一切の金融機関の業務を停止し、琉球政府職員が立ち入りのうえ、預金台帳と借入帳簿の全てをコンピューターにインプットし、これを個人的に確認のうえ復帰後に通貨と同様に見舞金を支給する。

4 本土への留学生については、奨学金を割り増して支給できるように琉球育英会にその原資を援助する。

5 生活保護世帯で本土での長期療養している者については、保護費を嵩上げする。


6 そして、本土からの生活必需品を購入している商人については、小売価格を値上げしないことを前提に円・ドル差損を補償する。

 と、まあざっとこういるところである。すべてが、あとで知ったことではあるが、この措置の実施には莫大な資金を要する。特に通貨と純資産の補償には数百億円を要すると見込まれる。これについては、山中大臣は訪米中の水田大蔵大臣と激しい電話のやり取りの中で、山中大臣は強引に押し切った、と言われている。


 水田大蔵大臣にしても、突然の話だったに違いない。

「そんなことはとても承服し兼ねる」

「いやこれしか方法はない。沖縄のことは総理からまかされている」

{勝手にしろ}

「そうします」


という会話だったらしい。山中大臣は糖尿もちである。この電話のやりとりのあと失神状態に陥入った、という噂もあった。





posted by ゆがふ沖縄 at 00:04| 沖縄復帰40年特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。